こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年11月29日

一経営者として

ある企業A社の若手営業マンのBさん。
もう半年以上、個別コーチングを続けています。
半年前は部署の異動があり、新しい仕事に不安だらけだった彼は、今はもう見違えるほど逞しくなりました。
驚いたことに、今日は「私は一経営者という気持ちで仕事に取り組みたい」と言い出したのです。
聴けば、自分の売上だけでなく、自分自身にかかるコスト管理まですべて始めたようです。
「A社の私、ではなく、私がA社を活かす、というようになりたいです。」
との言葉。
半年前の彼の様子を観ていた私からすれば、感動的な発言です。
実はBさんのコーチングのテーマは「本来の自分として仕事に取り組む」ということでした。
人間とは、本来の自分を取り戻すと、こうも逞しくなるものなのですね。


posted by はーん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。