こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年12月15日

突き放す

人を愛する、という行為は、何もやさしくすることだけではありません。
時には「突き放す」ということも、愛するが故にしなければなりません。
それも、「あなたを愛しているから、あえて突き放しているのだよ」などという中途半端な突き放し方では意味がないどころか、単なる自己満足です。
突き放すのではあれば、とことん突き放さなければ、本当の愛ではありません。
・・・という時もあります。

心を鬼にしながらも、「愛する」という行為の一つの選択肢として、それをしっかりとやり遂げている人を見ると、私は涙が出そうになります。
そういう方は、周りから「冷たい」と誤解されやすいです。
誤解されることをわかっていながらも、それでも「愛する」が故に、それを行ないます。

そういった、本当の愛を実践しようとしている方々を、私は心から応援しますし、
私自身もそんな自分で在り続けようと、努力します。



posted by はーん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。