こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年12月18日

ナーバスと幸せの狭間で

今日もある大手企業A社様での研修型グループコーチングでした。
A社様とは何年もお付き合いさせていただいており、もう1000人以上の社員さんの「ねがいのもと」出しをさせていただいています。
だからもう慣れたもんでしょ、と言われそうですが、なんのなんの。
私は相変わらず、研修の度に緊張しまくります。
恐らく緊張の度合いは、14年前の駆け出しの頃と変わらないでしょう。
毎日研修があれば、毎日次の日の研修のことで頭がいっぱいになり、ナーバスになり、恐怖心に見舞われます。
そんな自分の心を私はあえて、いつも抑えたり操作したりを一切しないことにしています。
今後この状態が何年続くかわかりませんが、今の私にはとても大切なことだと思っています。

そして、どれだけナーバスになったとしても、いざ研修を受講される皆さんの前に立ち、研修が始まると、一気に心のチャンネルが変わります。
そこからはもう、ナーバスどころか幸せいっぱいです。
人と向き合うのは、私の人生のテーマであり、人生の願いでもあります。
それをさせていただけるわけですから、幸せ以外の何物でもありません。

今日も一日、皆さんとの心の繋がり感を存分に味わいながら、とても幸せな一日を過ごさせていただきました。
皆さんの「ねがいのもと」に近づくにつれて、その幸せ感にはさらに深みが加わります。
そして「ねがいのもと」が見つかる直前の、あの空気の開放感は、何度経験しても心が震えます。

で、研修が終わり、事務所にもどりますと、またすぐに明日の研修のことでナーバスが始まります。
どれだけ経験しても、どれだけ成功しても、こればかりは変わらないようです。

ホント、大変な毎日ですが、しばらくはこんな自分で行ってみます。


posted by はーん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。