こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年12月19日

喋った喋った

今日も研修型グループコーチングでした。
いやぁ、よく喋った。
誰が、って?
私が、です。
グループコーチングのくせに、よ〜喋りました。
まるで前につんのめるような感じで、いつもの倍くらい喋ったような感覚です。
私としては珍しい現象です。
なぜそうなったのかは、わかりません。
決して私の心の調子が悪かったわけではありません。
いやむしろ、調子はすこぶる良かったです。
直観モードもよく働いていました。
皆さんと向き合ってもいました。
ですので、皆さんに引っ張られて自然にそうなった、と考えるのが妥当なのですが、
本当にそうなのでしょうか?
ちょっと不思議が感覚です。

実は、なぜそうなったかの理由を、しばらく経って3つほど思いつきました。
でもそれも今一つ確証が持てません。
いずれにしても、あえて理由付けは今はしないことにします。
恐らく、半年くらい経てば、今回の意味がわかるでしょう。

不思議な研修でしたが、何となくですが、後で思い返すととても重要かつ転換点となる研修だったように思えます。
不思議ですねぇ。


posted by はーん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。