こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年12月24日

二つの直観モード

また大きな気づきがありました。
このブログでもよく出てくる言葉、「直観モード」についてです。

直観モードには、二つのレベルがあることに気づきました。
それを文章で的確に表現するのは、現時点では残念ながら私の能力では難しいです。
でもこれまでずっと心のどこかで「しこり」として感じ続けていたことが、今日、ポロリと落ちて、とてもスッキリしました。

思えばこの数ヶ月の私は、この二つの直観モードの「違いがあること」自体に気づき、かつ、その「違いとは何か」を明確化するために過ごしていたのだな、ということもわかりました。
なるほどだからあの時はこういうことが起こり、あの時はこういう状態になったんだ!と合点がいきました。
二つのレベルがあると言っても、もちろん直観モードとは、悪いものではありません。
しかし、この二つを混合してしまうことで、人の成長が停滞するどころか、逆行してしまうことすらあることに気づきました。
これは大きな気づきです。
今後のコーチングやセルフコーチングでの重要な原則となるでしょう。

現時点では、全く明確ではない書き方でごめんなさい。
でもだんだんと表現できるようになると思いますので。・・・


posted by はーん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。