こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年02月11日

心は自由でいられる

今日もグループコーチングでした。
グループコーチング自体は、とても良い場となり、大きく前進することができました。
それは良かったのですが、終わってから打合せをし、事務所にもどる途上で、私は私の中に大きな反応本音の塊を見つけました。
それはそれは凄い塊でした。
この期におよんで、まだこんな大きなものがあったか!
とびっくり。

・・・本当にこの手のブログをこれまで何度書いて来たことでしょう。
しかし、どれだけ心の中を把握しても、どんどん出てきますね。
今はこの反応本音の塊を、そのまま心の中で自由にさせています。
ですから、その塊はギャンギャンと叫んでいます。
好きなようにさせておきます。

一つ言えるのは、このギャンギャンは永遠に続くものではないということ。
そしてギャンギャンが消える頃には、私の心はさらに自由になっている、ということです。

そして今回はとても重要な気づきがありました。
ギャンギャン叫ぶ反応本音はそのままですが、ちょっとチャンネルを換えれば、すぐにいつもの真本音状態にもどれることがわかりました。
で、またチャンネルをもどすとギャンギャンがうるさい、うるさい。
面白いので、何度もチャンネルを換えながら遊んでいました。
で、改めて実感したのです。
どんなに激しい反応本音があったとしても、心は自由でいられるんだな、と。


posted by はーん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。