こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年02月23日

命日の無我夢中

今日は、私の仲間だった小玉さんの命日です。
彼が亡くなって早くも3年経ちました。
3年前も私は研修をしていましたが、3年後の今日も研修でした。

今日は、無我夢中の一日でした。
とても不思議な無我夢中でした。
自分の意識が定まらないのです。
いつもは、「今ここ」にいることができるのですが、今日は私の意識はどこにあったのだろう?
でもそれは決して悪い状態ではなく、どちらかと言いますと、これまで経験したことのない「良い状態」のような気もします。

そうそう、次のようなこともありました。
研修前に、外の景色を見ていますと、一瞬、「みんな一体なんだ」と思ったのです。
いや、「思った」のではなく、それを体で感じたのでした。
空も木々も家も花も、・・・すべて実は一体。
すべてが一つに凝縮されている。
もともと一つであるものが、わざわざ色んな形をしながら分かれている。
それが、ここ。
あえて言葉で表現すれば、そういうことになるのでしょうが、それを一瞬にして体で実感したのです。
それは一瞬のことでしたが、結構強烈でした。

あっという間の一日。
何かが起きているような気がします。
何が起きているのか?
わかりません。
明日も研修です。そこでまた何かを感じるのでしょうか。

小玉さん、私は君の分までしっかりと生きているよ。


posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。