こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年03月02日

次元の壁

今日も企業研修です。
「ねがいのもとグループコーチング」でした。
最近の私のスケジュールは結構ハードで、反応本音レベルで言いますとバテバテなのですが、
私の真本音はさらにさらにパワフルになっています。
むしろ反応本音が弱まることで、余分な力が抜け、それが真本音を研ぎ澄ましているようでもあります。
しかも、今日ご参加の皆さんは、真本音度合いの高い方々が多かったようです。
私の真本音のエネルギーと、ご参加の皆さんの真本音のエネルギーが混じり合い、
場そのものの次元が一気に変わったのを、今日は実感しました。

その中で今日はさらに嬉しいことがありました。
私の研修のサポートに入ってくれているリスペクトのスタッフが、はじけたのです。
後ろで研修を観ているうちに、直観モードが働き始め、それが引き金になったようです。
研修後の彼の顔を見た瞬間に、「これは一つの次元の壁を破った顔だな」と実感しました。
その後、彼と話をして、それが当たっていることがわかりました。
「真本音状態になるというのは、こういうことなのですね」と彼は言いました。
彼の「本来の魅力」が溢れていました。

最近は、私の周りの方々が、ことごとく「次元の壁」を乗り越えます。
そして真本音発揮レベルが、一気に上昇するという現象が立て続けに起こっています。
やはり何かが凄い勢いで進んでいるようです。


posted by はーん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。