こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年03月17日

心に沁み入る

今日も嬉しいことがたくさんありましたが、そのうちの一つを書きます。

プロ・コーチ養成講座を先日修了されたある受講生Aさん。
真本音で生きることに、とても真摯に向き合っている方です。
そのAさんがあることをきっかけに、大きな気づきを得ることができました。
そしてそのご報告をメールでいただいたのですが、その中の一文をご紹介します。
・・・・
 実は感情(反応本音)の存在というのは、人間らしさの象徴、生きている証で、
 どんなものでも、あることそれ自体が素晴らしいんだな、ということです
・・・・
この一文を拝見したとき、あぁ私はこれを皆さんにお伝えしたくて、今のお仕事をさせていただいているのだなぁ、と気づきました。
とてもとても嬉しかったですね。

そしてさらに、そのAさんのメールと呼応するかのように、あるクライアント企業の担当のBさんからメールをいただきました。
その中に、以下の一節がありました。
・・・・
 自分は真理を掴んだ人間である。
 その思いほど、
 人間のエゴを満足させるものはない。
・・・・

今日はなんと、心に沁み入る一日でしょうか。


posted by はーん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。