こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年03月22日

人間の本質

この世の中に、「絶対」というものはありません。
「不変」というものもありません。
すべてが、移ろい、変化してゆきます。
それが、速いか、ゆっくりかの違いに過ぎません。

一見、「絶対」であり「不変」であると見えるものでも、
永遠の時の中では、やはり変化をし続けています。

さて、「真本音」です。
これは、「絶対」なのでしょうか? 
「不変」なのでしょうか?

世の中に「絶対」も「不変」もありませんが、
「絶対」と「不変」に最も近いものが、「真本音」と言えるでしょう。
それほど、真の「真本音」とは、「不変」です。

永遠の中での不変。
だからこそ、真本音は、「今」輝きます。
なぜなら、永遠とは「今」にすべて織り込まれているのですから。
「絶対」に最も近い存在だからこそ、
「今この瞬間」にこそ、絶対的な輝きを見せる。
・・・それが「真本音」のパワーです。

「真本音」とは、永遠のものではありませんが、
「真本音」とは、永遠に最も近い存在です。

そしてその「真本音」とは、誰もが持っています。
だからこそ、人も本当は、「永遠」です。

そこに気づいたとき、「本当に今すべきこと」が見えてきます。
「本当に願っているもの」が見えてきます。
「真本音」のメッセージとして。
「真本音」の表現として。

「永遠」の「今」に、私達はいます。
「永遠」の「今」を、私達は生き続けています。
それが、私達「人間」の本質ではないでしょうか。




posted by はーん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。