こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年03月30日

大学院にて

今日はなんと、大学院での「ねがいのもとグループコーチング」でした。
実は、今日と同じ内容を一年前にも行ないました。
そこでご好評をいただき、また今年の開催につながりました。

具体的に公表してもよいことになりましたので、書かせていただきますが、
場所は法政大学の大学院です。
これから公認会計士を目指す学生さん、つまり大学院にこの4月から入学される学生さん達に「ねがいのもとグループコーチング」を行なうのです。
真本音・反応本音の概念を知り、自分の真本音の一つである「ねがいのもと」をもとに、自分がどのような公認会計士になりたいかを描いたり、それを自らの使命感につなげます。
ただ試験に受かるための勉強ではなく、使命感を抱きながらの勉強をしていただくのですね。
そしてさらに、セルフコーチングの手法をお伝えし、心を常に良い状態に整えながら勉強や試験に向かいます。
私共はそれを継続的にサポートします。

で、今日はその一日目でした。
皆さんの「ねがいのもと」を見つけました。
学生さん達ですから、やっぱりいつもの企業研修とは雰囲気が違います。
でも、真本音のパワーは同じ。
といよりも最終的には、いつもの企業研修以上のエネルギーが「場」に満ちたようです。

明日は2日目。
どんな展開になるでしょうか。


posted by はーん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。