こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年05月26日

孤独と光

人は皆、心のどこかに“孤独”を抱えています。
その“孤独”と向き合うと、暗黒に吸い込まれるような恐ろしさを感じます。
なぜ人は、こういったものを抱える宿命を持つのでしょうか。

孤独と向き合う人。
孤独から逃げる人。
孤独にフタをする人。
孤独と闘う人。
孤独に呑み込まれる人。
孤独を蹴散らす人。
孤独を愛する人。
孤独から愛される人。

果てしない“孤独”という海に潜っているとき、私達は“光”を失いますが、
実は“光”を“光”として認識できるのは、暗闇の中だけです。
何が“光”なのか。
何が“光”を起こすのか。
何が“光”を育てるのか。
その答えを、私達人間は必死に見つけようとしているようです。

“光”の中の“孤独”と、
“孤独”の中の“光”。

その両方を痛感しながら歩み続けるのが、私達全員の人生ですね。



posted by はーん at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。