こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年06月03日

とことん混沌

今日、ある企業の研修担当の方(Aさん)と打合せをしていましたら、「混沌」という言葉が出て来ました。
Aさんは、「混沌があるからこそ、成長できるということに気づきました」とおっしゃっていました。
本当にその通りですね。

そう言われれば、いつも私共がご提供しているコーチングやグループコーチングなどは、まさに「混沌の場」を創るために行なっている、・・・と言っても過言ではないと思います。
混沌というのは気持ちが悪く、多くの方々が避けたいものですが、
慣れれば気持ちよいです。笑
そして良い混沌の後には必ず、本質的な気づきやひらめきが生まれます。
それこそが本当に求めている答えです。
それこそが直観モードですね。

混沌とする、ということは、反応本音がほぐれている状態です。
その結果として、真本音が発動しやすくなるのですね。
真本音からの発想は、圧倒的な「確信」を生み出します。
それは、私達の歩みをとても逞しいものにしてくれます。

世の中全体も今は混沌としていますが、
混沌を恐れず、混沌に向き合っていくことで、
私達は、最善の答え・最善の選択に気づくはずです。
どうせなら、中途半端はやめて、とことんまで混沌としてしまいましょう。



posted by はーん at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。