こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年06月11日

最後の前

ある大手企業様の中のA事業部さんで、これまで長期に渡ってずっと研修を続けて来ました。
1回数名〜10数名という少人数ずつで、300名近い方々の研修をしました。
フォロー研修もしました。
2008年10月にスタートしましたので、2年近くやり続けたことになります。
その最後の研修が今日、明日です。
感慨深いですね。

研修は毎回、ご創業者の元ご自宅で行なわれました。
そこは今は記念館になっています。
1000坪以上の土地で、庭園も見事です。
いろんな木々が生い茂っていますので、四季折々を実感できて、いつも楽しかったです。
都会の喧騒から少し外れた静かな場所での研修は、とてもリラックスできました。
その記念館は、なんだかもう私自身の自宅のような(笑)感覚となりました。

最後の研修は9名の皆さんです。
今回も少人数です。
ゆっくりじっくりと、皆さんの「ねがいのもと」を掘り出しました。
ゆっくりじっくりと、時間が過ぎていきます。
私の心は、特に今日は全く波風が立たず、ずっと静謐でした。
まるで鏡のような湖面を思い出させるくらいに、静かで透明でした。

ご創業者はもう20年以上も前にお亡くなりになりましたが、その方がどれだけ真本音度合いの高い方だったかは、肌でわかります。
恐らく(と言いますか、間違いなく)ここまで真本音度合いの高い経営者は、世界中探してもいないでしょう。
そんな方の創られた会社です。
やっぱり真本音度合いの、とんでもなく高い方々がおみえです。
明るくエネルギッシュで、しかも穏やかであたたか。
貫くべきは、一直線に貫いてゆく。
包むべきは、大きく包み込む。
そんな、ご創業者を受け継がれるリーダーも健在です。
このような企業様と深い関わりをいただけたことに、本当に感謝です。

明日は、研修2日目です。
本当に本当の最後の日です。



posted by はーん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。