こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年06月30日

『信』

中学校3年の担任の先生から、卒業式の日に「君の人生のテーマは『信』ということだ」と伝えられて以来、私の人生の重要テーマになった『信』。
「信じる」とはどういうことか? をずっと探究し続けてきました。
今だからこそ、一つ言えること。
中途半端な『信』とは、本来の『信』ではないということです。
かと言って、「狂信」とも本質的に異なります。
本来の『信』とは、「すべてを信じる」ということです。
「すべて」です。
99%信じている状態は、100%ではないので、それはもう『信』ではありません。
果たして、「すべてを信じる」などということが、私達人間にできるのだろうか?
・・・と思い続けてきましたが、それは可能であることがわかりました。
そして「すべてを信じる」という意味が、私達が表層的にその言葉を捉えた場合の意味とは、やはり根本的に異なることもわかりました。
今後これを私は何とかして、言葉としてわかりやすく表明できるようにならなければ、と思います。
哲学っぽく語るのではなく、小さな子でもわかるように、伝えられるように。
そうです。
「すべてを信じる」とは、それほどにシンプルでわかりやすいことなのです。



posted by はーん at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。