こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年07月10日

ちょっとわかってきた

あえて言うならば、6月30日までの私の人生を「自己変革の時代」と呼び、
7月1日からの私の人生を「使命推進の時代」と呼ぶことができます。
この日を境に私の人生は、根底が大きく変わりました。
と同時に、真本音との付き合い方(・・・変な表現です。真本音とは自分自身なんですけどね。)も、かなり変わったようです。
これまでは自己変革のために、真本音は発動してくれていました。
しかし今はもう、全く違う「出方」をします。
その「出方」に対して、最初は慣れなくて、いろいろと揺れたりしていたのですが、
ちょっと今日は、コツがわかってきました。

現実は、思う通りにならない。
しかし、希望は叶う。

先日も書きましたこの2行の言葉は、今の私の指針です。
1行目は反応本音レベルのことを表現していますが、真本音はあえて1行目を大切にしています。
というよりも、真本音はわざと、思い通りにいかない道のりをたどるようです。
しかし実はそれが最善の道。
結果として、最短の道のようです。
あやとりがどんどんからまって行くような不安とストレスがありますが、
実はすべてがほぐれて行っている。
そんな決断を、真本音はいつもいつもしているようです。
そしてそれこそが、使命推進への道のようです。

私の思惑の、なんと浅はかなことか。
そして、人の真の思惑の、なんと感動的なことか。



posted by はーん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。