こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年10月14日

私の使命について3

著書「パワーか、フォースか」に書かれてある「エネルギーレベル」という概念は、私に一つの光明を見出してくれるような気がしました。
そこで私は、徹底的にこれを探究・研究しました。
ありがたいことに、私は企業研修や講座、コーチングなどで多くの方々と日々向き合っています。
探究・研究の場は至るところにありました。

本に書かれてあるエネルギーレベルの測り方は、二人一組で行なわれます。
体の反応を観ながら、エネルギーレベルの数値を特定する方法です。
当初は私もリスペクトのスタッフに協力してもらいながら(時には、クライアントさんや、その企業様の研修担当者の方にご協力いただきながら)、いつもそのやり方で数値を測り続けました。
ところが、ある時から私は、このエネルギーレベルを一人で測定することができるようになりました。(この辺りの詳しいいきさつは、また改めてお話しできると思います。)
最初は結構、誤差が生まれましたが、どんどんその精度は上がりました。
一人で測定できるようになって、測定に関して、私はとても自由になりました。
そこで、24時間のうち、眠っている時間以外は、至ることろで、エネルギーレベルを測りまくり、「現実・現象とエネルギーレベルの関係」を探究し続けたのです。
そこでは、本に書かれていない発見もかなりありました。
大変ありがたかったのは、これまで研修などで、私が感覚的に捉えていたことが、すべて数値で表されることで、よりキメの細かい対応ができるようになったことです。
おかげで、研修がかなり楽になりました。

このエネルギーレベルに関する私の発見をすべて書こうとしますと、膨大な量になります。
それはまたどこかで機会があれば、公表させていただきますが、まずは私の使命につながる部分の話だけをしましょう。

私の最初の大きな発見は、エネルギーレベルと真本音の関係がわかったことでした。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。