こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年10月19日

私の使命について6

「無」と「空」は違います。
「無」とは、「何もない状態」です。
「空」とは、「すべてがある状態」です。
二つは一見、同じように見えます。
7色の光がすべて集まると、何もない透明な状態になるのと同じように、「空」とは何もない状態と同じように映るからです。
しかし、そこにはすべてが存在しています。
「無」すらも、「空」の中に存在しています。
それが、すべての源です。

私達の世界(宇宙)は、この「空」から始まっています。
この「空」のことを、アメリカでは「源(ソース)」と表現しているところもあります。

「空」・・・すべてがある状態の中から、私達は「現実」を選び出しています。
つまり、「これが起こるに違いない」と信じている「現実」を自ら創り上げています。
ところが多くの場合、その「自らの創り上げている」ことそのものを、私達は無意識に行なっていますので、目の前に起きている現実を「他から与えられたものである」と勘違いしています。
そして周りや環境に原因を求め、「現実は変えられない」と、自ら諦めています。
しかしそれも「現実は変えられない」という信念に基づいた「現実」を、自ら創り出していることになります。
「自分が変われば、すべての現実が変わる」というのは真実です。
・・・と、私はようやく最近、断言できるようになりました。

何を信じ、どのような現実を創り出しているのか?
それを左右するのが、心のパワーです。
言葉を換えれば、「真本音の発揮度合い」です。
それを数値で表したものが「パワーレベル」であり「真本音発揮レベル」と言えます。
ですから、パワーレベルがいくつであるか?によって、現実も人生もすべて変わってきます。
例えば仮に、スタート地点で全く同じ現実、同じ状況、同じ環境にいたとしても、そこにいる本人のパワーレベルによって、その後の展開が全く変わって来るということです。
パワーレベル1000の人の創り出す現実。
パワーレベル500の人の創り出す現実。
パワーレベル200の人の創り出す現実。
パワーレベル100の人の創り出す現実。
それらは、圧倒的に変わってきます。
もちろん、パワーレベルが高ければ高いほど、その人の本当に望む現実を、その人は創ることができます。

これを企業に当てはめますと、その企業を構成している社員の皆様のパワーレベルがどうか、ということにより、その企業全体の今後の道筋が圧倒的に変わって来る、ということです。
例えば、同じテーマの課題があったとしても、そのテーマについて語り合うメンバーのパワーレベルがどうかによって、話の展開も、解決の仕方も、行動の仕方も、そして結果もすべて変わってきます。
企業だけによらず、これはすべての物事に言えることです。
つまり、もし人のパワーレベルそのものを上げる方策が存在したとしたら、それは、人にとって、そして世の中にとって、根源的な力となる、ということです。
その根源的な力となるものを開発する、というのが、実は私の使命の一つであった、ということがわかりました。
私共SCCが開発してきたすべてのことは、この「人のパワーレベルを上げる」というところに行き着きます。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。