こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年11月07日

私の使命について13 〜600の境界B

私達のパワーレベルがいくら上がったとしても、私達の中から反応本音が消えることはありません。
例えパワーレベルが1000になったとしても、私達は人間であり、神様ではありません。
人間には反応本音があり、反応本音があるからこそ、人間です。
そこに、人としての存在意義があります。

ですから面白いことに、パワーレベルがどれだけ高まったとしても、それを指摘されないと自覚できない人がとても多いのです。
もし真本音・反応本音という概念を知らずに生きているとすれば、その人は例えパワーレベルが600以上だとしても、反応本音に従って生きています。
しかしその反応本音の多くは「真本音とつながっている反応本音」ですから、結果として真本音で生きていることになるのですが、その自覚はありません。
そこで、そう言った方々に真本音・反応本音の概念をご説明すると、その途端に、「あぁ、真本音、私にも確かにあります。」となります。
そして、「そうか、私はこれまで確かに、真本音で生きて来ました」と、そこで初めてご自分の生き方を自覚されます。
人というのは本当に面白いなぁ、と思います。

自分がこれまでどのような生き方をして来たのか。
どのように心を動かしながら生きて来たのか。
それらを客観的に自覚されている方は、残念ながら本当に稀です。
それは非常にもったいないことだと思います。
なぜなら、心に一貫性が取れ、本来の自分の心のパワーを発揮できるようにするためには、自分自身の心と、心の動かし方を観ることは必須だからです。
自然な心の動かし方を知り、自分の本来の心(つまりは真本音です)を発動させ、自分の本来の望みの方向に自ら人生の舵を切っていく。
・・・一人でも多くの方々が、一刻も早くそう言った生き方をされることが急務です。
それが今の時代であり、時代が求めていることです。
そのサポートをさせていただくのが私であり、私共SCCです。

なぜ、今の時代はそれを求めるのか?
その具体的な理由に関しては、もう少し先の方で述べさせていただきます。
次回からはいよいよ、パワーレベル700以上についてご説明します。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。