こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年11月25日

私の使命について18 〜900の境界

反応本音とは、もともとは真本音から生まれたものです。
真本音が現実世界に向かうために生み出したのが反応本音です。
真本音が反応本音を活用しながら、私達は現実世界に矢印を出して行く。
それが、私達人間の本来の姿であり、最も自然な状態です。
つまりは、真本音に基づいて行動するのが、人間のもともとの姿です。

ところが反応本音のいくつかは、ある時から真本音との結びつきを忘れてしまいます。
結びつきを忘れてしまった反応本音が、さらに次の反応本音を生み出し、そしてその反応本音も、さらに次の反応本音を生み出し、・・・
それらを繰り返すうちに、私達は、私達自身の原点でもある自身の真本音そのものを忘れてしまいます。
それが真本音発揮レベル(=パワーレベル)を下げる原因です。

パワーレベルが900を超えますと、私達はほぼ、本来の心の状態を取り戻します。
どのような心模様であったとしても、どのような反応本音があったとしても、そのほとんどすべては、真本音との結びつきを思い出している状態です。
つまりは、いついかなるときも、真本音で判断・行動できる状態を取り戻しています。

すると、たとえ心の中に不信があっても、不安があっても、道は一つとなります。
つまりは、真本音の決める通りの道です。
それは最善の道。
最善の道は一本。
一本道です。

すべての「現実」の前で、真本音は必ずその一本道を選択します。
心がどんな状態でも、その最善の道を、・・・一本の道を正確にたどっていくのです。
ただそれだけです。

あぁこの道が最善なんだ、と頭で理解しても、しなくてもよいのです。
そこに意図があっても、なくてもよいのです。
後悔しても、しなくてもよいのです。
その時の心の調子が良くても、悪くてもよいのです。

心と体がどのような状態であっても、その後の展開がどのような状況となっても、
必ずそれは最善。
その時の最高。
・・・自らがそんな選択をし続けているということが、理屈ではなく、確信としてわかります。
それが900の境界、「一本道の境界」です。
この境界を超えると、心は完全なる自由を手に入れます。

ここに来て、私達は初めて本質的な意味での、「自分の本当に望む生き方」を実践しきれます。
なぜなら、どのような生き方をしても、ちゃんと一本の道(最善の道)を歩んでくれるのです。
どのような生き方であっても、結果は変わらないのです。
であれば、一瞬一瞬、自分の望む生き方をすればよいのです。
それだけのこと。

例えば登山で、頂上までの最善の道が決まっていて、その道を行けばよいことが完全にわかっていれば、あとは一歩一歩を自分なりに楽しめばいい。
ある人は景色を楽しみながら。
ある人はお花を楽しみながら。
ある人は歌を歌いながら。
道は一つであるとわかっているなら、「今」を自分なりに満喫しながら行けばいい。
それと同じことです。

そういう意味で、人生は完全に決まっている。
自分の道は完全に決まっている。
決まっている通りに、自分は自分を運んでくれる。
・・・それは、自分自身を完全に信じ切れている状態であり、はかりしれない安心感を根底に感じている状態です。

900を超えると、頂(1000)への道のりが観えて来ます。
あと一息です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。