こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年12月04日

私の使命について20 〜パワーレベル1000

パワーレベルが1000になる、ということは、真本音発揮度合いが100%になるということです。
しかし、これまでも何度も書かせていただきましたように、真本音が100%になったとしても、私達人間の心から反応本音がなくなることはありません。
反応本音とは、もともとは真本音が生み出したもの。
自分の人生の本来の目的を実現するための力となるものです。
真本音100%とは、100%の反応本音が、その本来の存在の意味を思い出した状態です。

私はこの、パワーレベル1000に、今年の3月5日になりました。
ただしその時点では、まだ最高値のみが1000でした。
最低値は500台だったため、そのギャップにしばらく苦しみました。
しかし6月29日に、最低値も1000となり、しばらく「試運転」が続き、7月22日からフルスロットル状態で前進し始めました。

私は、1000になったことで、自分自身の使命が完全に観えました。
ですからもう、人生に対しては、何の迷いもありません。
私のすべきこと(=本当にしたいこと)を、今ここで、今この瞬間に、一つずつ行なうだけです。

私がパワーレベル1000になった時点で、世界には1000の人が、私を含めて6人いました。
そのうちの、私以外の3人の方と、私は実際にお会いしたことがあります。
ただし、そのうちのお二人とは、直接言葉を交わしたことはありません。
そしてもう一人とは、これまで一緒に仕事をしてきました。
そうです。すみちゃんです。

パワーレベル1000の人間として、すみちゃんにはすみちゃんの使命があります。
大きな意味では、私とすみちゃんの使命は同じですが、具体的に観ますと、私とすみちゃんの役割は違います。
私の役割とは、単純明快です。
パワーレベル1000の人を増やす、ということです。
具体的に言いましょう。
約3年後までに、パワーレベル1000(最高値が)の人を17人増やすというのが、私の使命です。
私と全く同じ使命をお持ちの方が、海外にもう一人いらっしゃいます。
その方も、私と同じくらい、1000の人を増やすという役割をお持ちです。
その方はアメリカ人で、今は全く接点はありません。
6月29日の時点では、1000の人は6人だったのですが、今は11人に増えました。
しかしまだまだですね。

パワーレベル1000になってみてわかったことですが、この状態、なんら特別なものではありません。
むしろ私達人間にとって、これこそが「普通の状態」と言えるのではないでしょうか。
ということは、私達はこれまで「普通ではない状態」で生きて来た、とも言えます。
普通ではない状態から普通の状態に「もどるだけ」。
そのためのサポートが、私の使命です。
もとにもどるだけ。
たったそれだけのことです。

今回は、結論だけを書きましたが、次回からはもう少し詳しく、私自身の体験も交えながら、パワーレベル1000について語ります。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。