こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年01月26日

源と真本音4

真本音の存在を知ってから、私の人生は劇的に変化しました。
そして私の仕事、・・・研修もコーチングも、大きな変化を遂げました。
その人の希望や願いやビジョンや欲求を掘り起こすにしても、ただやみくもにそれをすればよいわけではなく、それがその人の「真本音かどうか?」もしくは「真本音とつながっているかどうか?」が非常に重要になったのです。
そしてそこを一番のポイントとして押さえるようになってから、研修やコーチングをお受けになった皆様のご様子が、明らかに変わりました。
研修を通じて、心のパワーレベルが上がるようになったからです。
(※パワーレベルに関しましては、左欄のカテゴリ「私の使命について」全30回をお読みください。)

企業研修では、初めての方々には、次のようにお伝えしています。
「真本音とは、自分の中の揺るがない心。
反応本音とは、状況によって揺らぐ心です。」

・・・私達の心の中には「揺らぐ部分」と「揺るがない部分」があるという話は、一見当たり前のような気がします。
しかし、そういった視点で常に自分の心と向き合えば、実に様々なことに気づくようになります。
しかも、「では、何が揺らいでいて、何が本当に揺るがないのか?」という、さらに一歩深い視点を持てば、これはもう、深くて果てしないテーマであることがわかります。
でもそのテーマを持ちながら生きるだけで、私達の人生は「本当に望む方向」に動き始めます。

真本音・反応本音という視点を持つことで、人の人生、人のコミュニケーション、人の社会、などなど、人の営みに関するすべての物事を、非常にシンプルにわかりやすく捉えられるようになりました。
一見複雑に絡み合っていることも、この視点から観察することで、実にシンプルに理解できることも多いです。
シンプルとは、物事を動かす原動力になります。
「真本音・反応本音」を実感として捉えること、そして「真本音・反応本音」を思考ベースで捉えること。
その二つを、今の私の研修では大切にしています。

つづく



この記事へのコメント
私の使命のカテゴリー凄く参考になりました!
Posted by y at 2011年01月27日 17:20
ありがとうございます。
Posted by はーん at 2011年01月29日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。