こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年01月29日

源と真本音6

真本音と反応本音の関係を、さらに具体的にご説明してみましょう。

例えば、自分がどなたか(Aさんとします)と会話をしていたとしましょう。
Aさんの一言に、カチンときたとします。
そしてAさんに対して、こちらもきつい一言を返したとします。
カチンと来た気持ち、これは反応本音です。
つまり反応本音とは、外部からの影響によって、その反応として生じる心です。
私達が通常、「心」という表現を使うときは、この反応本音のことを指していることが多いと思います。
この例では、「相手からの行為に対して、反応本音が生まれ、反応本音で返した」ということになります。

それに対して真本音とは、外部からの影響によらず、常に自分の心の中に変わらずに在り続ける心、と言うことができます。
Aさんからの一言により、カチンと来たわけですが、その「カチン」という反応本音で返すのではなく、真本音に基づいてこちらが対応することもできます。
例えば、自分の真本音として「いつも人との信頼関係を大切にする」というものがあった場合、その視点から対応します。
すると、「Aさんはなぜあんな一言を発したのだろう? どうすればAさんと信頼関係を築けるだろうか?」という純粋な疑問が浮かび、Aさんの心の中を理解しようとする対応に出るかもしれません。
何を真本音として持っているか?については人それぞれ異なります。
しかし一つ言えるのは、真本音とは「自分の心の中に変わらずに存在しています」ので、それは「自分にとって本当に大切にし続けたいもの」であるはずです。
「自分にとって本当に大切にし続けたいもの」に基づいて行動できたときは、誰よりも自分自身が嬉しいですね。
上記の例で言えば、思わずカチンとした反応本音で返すよりも、自分の真本音に基づいて対応できたときの方が、後になって後悔することはないと思います。

まずは、最も簡単な説明の仕方をすると、以上のようになります。

・・・が、ここでですね。
よ〜く考えますと、次のような疑問が生まれませんか?
例えば、

*では、反応本音とは、その瞬間に生まれる突発的なものだけなの?
*外部の影響を受けて生じる心を反応本音と言うならば、私達の心は、すべて外部からの影響を
 受けながらできているのではないの? 
 ということは、すべては反応本音ではないの?
*例えば、「人を信頼する」という信念があったとしても、それも結局は外部からの影響の中で
 できあがったものではないの?
*それに、真本音を大切にしようと思っても、上記のような例でいくと、真本音を大切にすることで、
 自分の感情をガマンするので、ストレスがたまるのではないの?
*真本音で生きる、とは、聖人君子になることなの?
*真本音で生きる、とは、結構苦しいものではないの?
*真本音で生きる、とは、できることとできないことがあるんじゃないの?
*そもそも真本音って、危険なものもあるんじゃないの?

これらのご質問は、よく企業研修で受けるものです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。