こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年03月18日

意識の次元と自由3 〜今、ここから2年

ほんの一週間前の私達には想像すらできない状況となりました。
この震災で人生を終えられた方々、思いもよらぬ苦難に見舞われている方々、そしてこの厳しい現実に立ち向かわれている方々。・・・
多くの方々の“命”を感じる一週間でした。

“命”。
私達は、これをもってこの現実世界(3次元世界)に生まれて来ました。
3次元レベルでの“命”を失うことで、この世界での存在はなくなってしまいます。
この世界に存在しているうちに、自分は何をすればよいのか。
その答えを、すべての人は、真本音の中に持っています。
それに気づけた人は、人生の長短に関わらず、幸せです。
それに気づけた人は、人生の長短に関わらず、自由です。

命は自ら断つこともできます。
しかし、自らの意図によらずに、断たれることの方が圧倒的に多いです。
自分の人生がいつ、どのような形で終わるのかを知っている人はいません。
いつ終わるかわからない人生の中で、私達は今、ここで生きています。

意識の次元を考えるとき、どうしても今私達がここにいる3次元世界のことを、避けて通ることはできません。
この3次元世界の意味とは何か。
なぜ、この3次元世界は存在しているのか。
そしてなぜ、こんなにも理不尽なのか。
これらの問いに答えずして、先に進むことはできません。

私達の心には、反応本音があります。
私はいつもコーチングや研修を通じて、反応本音とどのように向き合えば、自らの反応本音を自らコントロールすることができるかをお伝えしています。
しかしそうは言っても、コントロールしづらいのが反応本音です。
コントロールしづらくできているのが反応本音です。
そしてその反応本音とは、この3次元世界だからこそ生まれるものです。
真本音が、3次元の現実と関わる中で生まれたものが反応本音です。
現実と向き合う、とは、自らの反応本音と向き合う、ことに他なりません。

現実との関わりによって反応本音が生まれ、その反応本音によって現実に働きかけ、そして現実からまた反応が返ってくる。
それによりまた反応本音が生まれ、・・・。
このサイクルが、私達の3次元世界での人生を創っています。
それは「反応が反応を生む」サイクルです。
実はこのサイクルに囚われてしまうと、私達は永遠にそこから抜け出せなくなってしまいます。

この震災という、言葉にならないくらいの厳しい現実。
この現実に、「単なる反応として」反応を返してしまうことで、その後にさらに大きな「反応のサイクル」が生まれてしまいます。
今こそ、私達日本人は、「真のサイクル」を生み出さねばなりません。
今だからこそ、です。
「真のサイクル」とは何か?
それは、私達が真本音に基づいて生み出すサイクルであり、私達が本当に望むサイクルであり、「最善の道を拓くサイクル」です。

今、ここから2年。
この2年間の私達の行動で、すべてが決まります。
「真のサイクル」を、私達は創ろうではありませんか!

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。