こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年03月19日

意識の次元と自由4 〜3次元について

私達が存在しているこの3次元世界。
この世界の「進み方」はゆっくりです。

4次元以上の世界、・・・つまり、心の中の世界では、思ったことが一瞬にして実現します。
例えば、「宇宙旅行に行こう」と思えば、すぐにそのイメージをすることができます。
自分が望むことも、望まないことも、それを思い抱いた瞬間に、それはすぐに実現します。
それはとても楽な世界でありますが、逆に言えば、怖い世界でもあります。

私達は、自分の心のすべてをコントロールできているわけではありません。
特に、反応本音のコントロールは、一般的にはとても難しいものです。
ですから、自分が望まないどころか、自分が最も恐れていること、避けたいことなどを思い抱き、その結果として瞬時にそれが心の中で実現してしまいます。

「意識の次元が高まる」とは、「自分の本当に望むことが心の中で実現する度合いが高まる」ということです。
つまり、意識の次元が低ければ低いほど、心のコントロールはできていないことになります。
意識の次元が高まることで、私達が自由を手に入れることができる、というのは、そういうことです。

以上のように、4次元以上の世界(心の中の世界)は、ある意味制御不能の世界でもあります。
しかし、3次元世界は違います。
思い抱いたことがすぐに実現することは、ほとんどありません。
実現するかどうか自体もわかりません。
3次元世界では、私達が心の中で実現したもののうち、最も強いものが表出します。
しかも、それは「ゆっくり」です。
つまりは時間差があるということです。
すべてがスローモーションなので、一つのことを実現しようと動いている途中で、それを止め、別の行動に移すことも可能です。
スローモーションであるが故に、制御が効きやすいのです。

もし、この3次元世界がなければ、私達の「心の成長」は非常に難しいものとなるでしょう。
なぜなら、思い抱いた瞬間にすべてが実現してしまうと、その思い抱き方のパターン(それは意識の次元の高低によって左右されます)から抜け出ることは、基本的には不可能だからです。
スローモーションの世界があるからこそ、私達は「自分を変える」(=自分の心のパターンを変える)ことができるのです。
スローモーションの世界があるからこそ、私達は「自分の意識の次元を高める」ことができるのです。

しかし逆に言えば、3次元世界では本当に望んでいることも実現するまでに時間がかかったり、途中で何らかの原因でそれが頓挫することもあるわけです。

それが私達の住む3次元世界です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。