こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年03月23日

意識の次元と自由8 〜情報と向き合う

地震や原発に関する情報が飛び交っています。
テレビなどからの情報だけでなく、ネット上でも、メールでも様々な情報が入ってきます。
全く同じ事象に関しても、一方では「安全です」と言い、もう一方では「大変危険です」と言う。
何をどのように信じればよいのか、迷います。
これは、地震や原発に限ったことではありません。
今は情報過多の時代。
よく言われることですが、どの情報を取捨選択するか、が非常に重要です。

最近の私は、その情報の次元とパワーレベルを測るようにしています。
すると、結構面白いです。
情報の発信者が、どの次元から言葉を発しているのかがわかると、その情報そのものの本質も、ある程度は観えて来ます。

非常に論理的で説得力のある情報でも、それ自体がパワーレベル125というものも多いです。
125とは「我欲」を表し、次元で言えば4次元となります。
そういった情報は、「まぁそういう見方もあるよね」くらいに留めておいた方がよいでしょう。

パワーレベル540という情報も多いです。
これは、「いくつかある情報の一つとして、大切に心に留めておこう」というレベルの情報です。
次元で言えば、5次元が多いです。
発信者は嘘をついているわけでも、建前でもありません。
本気で言われていますし、とても参考になるものも多いです。
ですが、その人の「解釈」が入っていますので、すべてを鵜呑みにするよりも、あくまで一つの視点として捉え、さらに他の視点からの情報も得るとよいと思います。

そして、パワーレベル800という情報も多いです。
次元で言えば、6次元です。
前回、書かせていただきましたが、6次元とは「本物の次元」です。
このレベルの情報は真実性が高いので、まず信じてよいと思います。

複雑なのは、同じ人からの情報であっても、その中には以上の3つの次元が入り混じっていることが多い、ということです。

今の社会、情報は絶対的に必要です。
しかし、情報があるからこそ、こちらの目が曇ってしまうこともありますね。

こちらの目を、いつも透明にしておくためには、私達自身の意識の次元を高めることが重要です。
意識の次元が高まれば高まるほど、私達は「何が本当で、何が本当ではないか」を見極めやすくなります。
淀みのない心を持てば、「現実」が観えてくるのです。

「現実」が観えない中での「自由」は、あり得ません。
「現実」をありのままに観、ありのままに向き合うことで、私達の心は「自由」への道を見極めることができるのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。