こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年05月11日

8次元の愛 6 〜愛のパワーに目を向ける

「今だからこそできること」があります。
「今だからこそできることを今ここでする。」
・・・これも、愛の本質です。
もちろん「できること」の中には、「何もしない」ということも含まれます。
私達はよく、愛を「行為」として捉えがちです。
「人を愛する」ために、「何かをしなきゃ」と思いがちです。
しかし、「何もしない」ことこそが、愛のパワーを最大限相手に伝えることになる、・・・ということもあります。
いや、むしろあえてこう言いましょう。
「何もしない」ことが本当にできる人こそ、「本物の愛」を注げる人でもあります。

このブログを読まれている皆さんに、ぜひお願いがあります。
ご自分自身がすでに発揮されている愛のパワーを、まずはご自分で認識してください。
理解してください。
くどいようですが、愛とは行為ではありません。
その人の心と体から発散されているエネルギーそのものでもあります。
ご自分が「ただそこにいる」という、たったそれだけのことによる、周りへの影響をよく観察してみてください。
例えば、皆さんがある部屋に入ったとします。
そこに何人かの人がいたとします。
皆さんがその部屋に入った直後と、しばらく経ってからの、その「場」の変化を観察してみてください。
もしくは皆さんが、お一人のどなたかと一緒にいたとします。
その人に会った直後と、しばらく経ってからの、その人の変化を観察してみてください。
ほんのわずかでも、そこに「開放」「自由」「元気」「自然体」「明るさ」などの高まりを感じたならば、それは、皆さんの愛のパワーによる可能性があります。

残念ながら多くの人は、自分の愛のパワーに気づいていません。
それは、非常にもったいないことです。
自分の愛のパワーが、どのようなものかに気づけば、自分をどのように活かしていけばよいか、がわかります。
愛とは、行為ではありません。
自らの行為のみに焦点を当てるのではなく、自ら発散しているものにも、ぜひ焦点を当ててみてください。
それは、本当の自己理解につながります。

私は普段は、企業などのビジネスの場でのサポートをさせていただいております。
ビジネスの場ですので、私は「愛」という言葉自体を、いつもはほとんど使いません。
しかし、組織活性化のお手伝いをしているときに、毎度痛感します。
お一人お一人の愛のパワーが高まることで、その組織は劇的に活性化する、ということをです。
もちろんそれはお客様にも伝わり、企業実績にも直結します。
自身のもともと持っている愛のパワーを理解し活かすことが、すべての原点であると、確信しています。

もう一度、申し上げます。
自らの発しているもの、・・・愛のパワーに目を向けてみてください。
あなたは、どんなときに、どんな愛のパワーを発揮し、どのような影響を周りの人達に与えているでしょうか?

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。