こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年05月18日

8次元の愛 11 〜真本音の時代へ

人の持つ最大の欲求の一つは、「愛を求める」欲求でしょう。
これは、大人も子どもも変わりません。
むしろ、すべての我欲の根本がここにある、と言ってもよいかもしれません。

「得られないものを得ようとする」
「満たされないものを満たそうとする」
それが我欲のスタートです。
私達人間誰しもが「得たいもの」「満たしたいもの」の代表が「愛」です。

しかし、「愛」というのは「得よう、得よう」「満たそう、満たそう」とすればするほど逃げて行きます。
自分自身の愛を満たすための最も効果的な方法は、「自らが愛を注ぐ」ということです。
自分以外の人に愛を注げば注ぐほど、その行為そのものによって私達の愛は満たされ始めます。
その原理を見つける過程を経ることで、私達の意識は4次元から5次元、そして6次元へと開花します。
6次元の意識を取り戻した方々は、自らの我欲を満たすための愛ではなく、ただ愛そのものを注ぐ、ということの意味を(理屈ではなく)知っていますし、そういった生き方の幸せ感も知っています。
そんな方々が、今の日本には約26%もいらっしゃいます。
実はこの割合は、東日本大震災によって上がりました。
(それまでは23%でした。)
全世界でみますと、6次元以上の意識を取り戻している方々の割合は、9%です。
ここに日本という国の特殊性があります。

さて、以前の連載シリーズでも触れたことがありますが、私達人類は上手くいけば、2013年7月に新たな時代に入ります。
私はこれを「真本音の時代」と呼んでいます。(呼び方は人によって様々です。)
真本音の時代に入れば、日本に関して言えば、6次元以上の意識を取り戻す方々の割合が55%になります。
つまり半数以上の人達が、「本物の愛」を(理屈ではなく)理解できている状態に入ります。
すると、これまでは我欲に基づいて行動することで成功してきた人達が、全く通用しない世の中となります。
高次元の自分、もしくは真本音の自分に従って生きれば生きるほど、物事が好転していく時代となります。
政治も経済も、世の中のあらゆるしくみも大きく変わって行くでしょう。

しかし現時点では、私達が無事に真本音の時代に入れるかどうかは、まだわかりません。
真本音の時代に入るためには、私達自身の努力が必要です。
その努力とは、自らの心の次元を高めていくことです。
多くの方々が、本物の愛のパワーを取り戻し、発揮することです。
そして、「自らが本当に望む人生」を自らの力で創り上げようとし続けることです。

真本音の時代に入ろうとも、「我欲」とはとても大切なものです。
我欲があることで、私達は、人間としての生きるパワーや方向性を見出すことができます。
しかし我欲を我欲のまま孤立させることで、我欲は方向を失い、人のパワーを奪う力となってしまいます。
我欲を、本物の愛を育てる方向に導くことが何よりも大切です。
それは、私達自身の魂レベルでの成長を促します。

大変面白いことに、このブログをお読みいただいている方々の9割以上は、すでに6次元以上の意識を中心に生きていらっしゃいます。
これも一つのご縁です。
皆様がますます、愛のパワーの発信源としてご活躍されますように。
そんな祈りを込めて、さらにこのブログを続けます。
次回から、いよいよ核心部分に入っていく予定です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。