こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年05月21日

8次元の愛 14 〜そこに戻るだけ

「本物の愛」(6次元の愛)を学ぶために試行錯誤する次元が5次元である、というお話を以前させていただきました。
これは実は7次元にも言えることです。
「すべては私である」という愛(8次元の愛)を学ぶために試行錯誤する次元が7次元とも言えるのです。

「すべては私である」というのは「すべてが一つである」ということでもあります。
すべてが完全に一つになることを「融合」と言い、8次元は「融合の次元」とも呼ばれます。
そしてその「融合」に至る大切なプロセスとして、「統合」があります。
すでにご存知の通り、7次元を「統合の次元」と言います。
別個のものが一つにまとまろうとすることを「統合」と言いますが、統合をする目的は、最終的には「融合」にたどり着くためです。

前回書かせていただきました「葛藤を超える」ということは、まさに統合から融合への道筋の例です。
葛藤とは、別個の方向に向かう意識の引っ張り合いです。
別個の意識が、完全に一つになることで、私達は葛藤から完全に開放されます。
その融合を学ぶために、統合という行為が必要です。
つまり、・・・
「統合」とは何か?
どうすれば「統合」は成されるか?
・・・それらの試行錯誤を繰り返すことで自然に、統合を超えた「融合」という状態を知ることができるのです。

「すべては私である」というのは、本当にすべては私である、ということです。
「すべて」とは、宇宙にあるすべて、です。
ですから、「私」以外の何かだと思っているすべての「もの」が(物、者、物事すべて含めて)「私」である、ということです。
太陽も空気も机も椅子も信号機も電車もAさんもBさんも世界で起きているあらゆるできごとの一つ一つも、すべて「私」です。
これを理屈で捉えようとすると、大変なことになります。
いや、理屈で捉えられるわけがありません。
しかし、誰もが魂の成長を続ければ、いつかはこれを実感する日が来ます。
なぜなら、それが真理だからです。
私達は、もともと「一つ」であり、そこから生まれ出た存在です。
3次元レベルでは別個に映っていますが、すべては「一つ」であり、それぞれはその「反映」に過ぎません。
そのことを、説明を受けなくても、誰よりも何よりもよ〜くわかっている意識が、すでに私達の中にしっかりと存在しています。
それが8次元の意識です。
ただそれが、今はまだ表面化(顕在化)せずに眠っている人が多い、というだけのことです。

真本音の時代に向かう過程と、真本音の時代に入った後において、この8次元の意識を思い出す人は急増していきます。

現時点では、「すべては私である」ということを受け入れるには、心に相当の無理が生じたり、かなり現実離れした勇気が必要な気がするでしょう。
しかし本当は、そんなものは一切必要ありません。
なぜなら、それが真理なのですから。
それを思い出し、そこに戻るだけのことですから。

そしてそこに戻ったとしても、自分という存在が消えてなくなるわけではありません。
むしろ、これまで以上に自分という存在が際立ちます。
8次元9次元の意識を思い出しても、4次元5次元の意識はずっと存在しています。
我欲だって、いっぱいあります。
それが人間です。
ただ、その我欲を「完全に活かす」ことができるようになります。
それは、「完全なる自由」を意味します。

8次元の愛は、「完全なる自由」に基づいた愛です。
「愛さなきゃ」という次元ではありません。
自分自身の愛のパワーで、自分自身も満たされます。
4次元も5次元も6次元も7次元も、すべての心が満たされます。

そこにたどり着くためには、まずは「統合」から始めましょう。
相対するものを闘わせるのではなく、「統合」しようとします。
別個のものを離反させるのではなく、「統合」しようとします。
本当に「統合」できたかどうか、という結果ではありません。
「統合」しようとする意志と選択と行為そのものが、7次元の意識を開花させ、8次元の意識を喚起します。

「すべては私である」。
これはどういうことか?を理屈で理解しようとせず、
ただ、「こういう真理があるかもしれない」という視点で、この一言を大切にしてみてください。
それがすべての始まりです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。