こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年07月31日

8次元の愛 42 〜争いから本質へ

プラスとマイナス。
メリットとデメリット。
私達の住む3次元世界におけるすべての物事は、その両面を持っています。

何がプラスで、何がマイナスか?
何がメリットで、何がデメリットか?
それらは、その物事を見る私達の解釈です。
その解釈は、状況が変われば、すぐに変化します。
誰がそれを見るかによっても、大きく変化します。

そして私達は、「プラス(もしくは、メリット)を追い求めたい」と思っています。

しかし物事の本質は、その「プラスかマイナスか?」「メリットかデメリットか?」を超えたところにこそ存在しています。
その本質を掴んだとき、プラス・マイナス(もしくはメリット・デメリット)という視点は、意味のないものとなります。

これまで私達は、メリットを追い求め合う時代を生きて来ました。
それはある意味、メリットを奪い合う時代、と言ってもよいでしょう。
結果として、戦争もたくさん起こりました。
戦争までいかずとも、世の中は、争いの渦です。

争いを続けることよりも、
そしてさらに、争いをやめることよりも、
私達には、することがあります。

それは、「何が本当は大切か?」という眼差しを持ち続けることです。

「何が本当は大切か?」・・・それこそが「本質」です。
本質を見極めようとする目線を、私達は取り戻す必要があります。

愛とはパワーです。
そのパワーが広がりゆく方向に、すべての「本質」は向いています。
「本質」の向く方向こそが、私達が進むべき方向です。

今の世を、否定してはなりません。
むしろ、すべてを存在承認します。
プラス・マイナスという解釈を超えて、存在そのものを承認し、あるがままに観察します。
すると初めて、その「本質」が観えてきます。

それこそが愛の眼差しです。
8次元の愛の眼差しです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。