こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年08月05日

8次元の愛 47 〜一貫性の愛

魂と心と体が、一直線に同じ方向を向いて生きていることを、
一貫性がとれている、
と言います。

一貫性をとるためには、私達の中心にある
魂の願い
を知る必要があります。

魂の願いとは、真本音の願いです。

そして、魂の願いとは、源(ソース)の願いです。
すべてが「私」であることを知っている、「私」の願いです。

この願いに基づいて生まれる意識が、9次元の意識です。
9次元の意識の入り口が、8次元の意識です。
そして、8次元の意識を開花する鍵が、8次元の愛です。

つまり愛とは、私達の魂レベルの開花への礎となるパワーです。

・・・・・
愛のパワーは、本来は無尽蔵です。
限りはありません。
それは、「すべて」(=源)から与えられているものだからです。
ところが、その「すべて」とのつながりを忘れ、自ら断ってしまうことで、
愛というパワーは枯渇します。
枯渇すれば、奪おうとします。
愛の奪い合いが始まります。

「すべて」とのつながりを思い出している愛が、8次元の愛です。
「すべては私である」ことを知っている私達が発する愛です。
ですから、8次元の愛は、永遠に与え続けることができます。
人を本当に満たすことができます。
奪い合いからの開放が成されます。

人は、愛を奪い合うことにより、自らの一貫性を失います。
本当の願いを忘れます。
一貫性を失った私達は、苦しみます。
苦しみから逃れるために、さらに愛を奪おうとします。
そしてさらに、一貫性から遠ざかります。

一貫性から遠ざかった私達に、希望はあるのでしょうか?

もちろん、あります。
なぜなら、一貫性のない状態は、不自然です。
一貫性のある状態こそが、自然体だからです。
自然体に戻ろうとするのも、私達の本能の一つです。

自然体に戻るためには、自然体の人と、じかに関わることです。
つまり、一貫性をもって生きる人と、向き合うことです。
そこには、8次元の愛も存在しています。

人は、人に助けられながら、生きています。
人は、人を助けながら、生きています。
一人でどうにもならない場合は、胸を張って、助けを求めてください、
一貫性をもって生きている人に。
助けを求められたその人は、よく知っています。
「どこまで助けることが最善か?」
ということを。
それこそが、8次元の愛の実践です。

8次元の愛とは、私達人間の本来の力です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。