こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年08月30日

8次元の愛 60 〜手放し満ちる

すべてを手放した状態を、
人はいつか必ず経験します。

手放すことで、
自分自身が、ありありと観えてきます。
自分が何に執着し、
本当は、何によって苦しんでいたか?
どこに無理な力を入れ、
どんなときに、淀みや歪みを生み出していたか?

そして、本当は心の底から何を願っているか?

手放すというのは、勇気の要ることかもしれません。
しかし必要なのは、勇気だけです。
あとは、何も要りません。

何を手放せばよいのか?
この問いも大切です。
しかしその答えも、
一番よくわかっているのは、自分自身です。

手放すことで観えてくるのは、
「人の幸せとは何か?」
ということです。
本当の幸せとは、
手放すものを手放せたときに初めて
訪れます。

・・・・・
すべてを手放した状態を、
「空」(くう)
と言います。

すべてを手放すということは、
すべてを存在承認することと
イコールです。

ですから「空」には、
「すべてが存在している状態」
という意味もあります。

すべてを手放すことで、
私達は、すべてを満たすことができます。
それは、人間としての至福です。

その瞬間は、
いつか必ず訪れます。

そしてその瞬間こそが、
すべての始まりとなります。

私達の本当に望む旅の
始まり、です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。