こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年09月01日

8次元の愛 61 〜「一つ」の視点

「すべては一つ」という視点から物事を観ると、
なぜ今それが起きているのか?
非常に合点がいくことが多くなります。

3次元世界で起こることはすべて結果です。
結果である以上、必ず原因があります。
その原因を、どの次元に求めるか?
ここが重要です。

3次元の結果を、3次元の原因で納得しようとするところから
私達の「迷い」が始まります。
なぜならそこには、真の答えは存在しないからです。

「すべては一つ」の眼差しは、
人生を劇的に変化させてくれます。
シンプルに原因(真の答え)がわかり、
自分自身もどんどんシンプルになります。

シンプルな目でシンプルに現実を観れば、
3次元ではすべて
「ただ、それが起きているだけ」
「ただ、それが在るだけ」
であることがわかります。
すると、次の一歩は簡単に決められます。

・・・・・
「すべては一つ」とは、愛の原点です。
人を愛することで、
私達はまず、心が「一つ」になります。
「一つ」になった心で、共に現実を創っていきます。
心が「一つ」になるからこそ、
共に創れるのです。

通常は、
「一人の人の一つの心」+「一人の人の一つの心」
=「二人の人の二つの心」です。
それが、
「一人の人の一つの心」+「一人の人の一つの心」
=「二人の人の一つの心」
となると、そのパワーは何十倍、何百倍にもなります。

愛とは、「一つ」に戻るパワーであると同時に、
「一つ」に戻ることで、とてつもなさを発揮する
現実創造のパワーです。

「すべては一つ」という視点は、
「今、愛はどうなっているか?」を
極めて明確に知らせてくれます。

そして、
「今、愛はどうなっているか?」を観ることこそが、
真の原因を見極める
私達人間の智慧の眼差しです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。