こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年10月10日

8次元の愛 80 〜人生を生ききったAさんへ

燃え尽きるまで生きたい。
その欲求を、
私達は心の根底に持っています。

寿命は人それぞれです。
長い、短いの問題ではなく、
限られたその時間で
完全燃焼したいと、
私達は心の根底で願っています。

完全燃焼できるかどうか。
そのカギは、どこにあるでしょうか?

・・・・・
空を見上げると、
太陽があります。
太陽はいつも燃えています。
しかし、太陽には黒点があります。
その部分は、光を放っていません。

人の魂にも、必ず黒点があります。
実は、
完全燃焼できるかどうかは、
その黒点と、
どう向き合うかによって決まります。

黒点は
「完全燃焼を阻害する原因」
ではありません。

黒点は
「進化の芽」
なのです。

黒点があるからこそ、
光は平衡状態から開放され、
より明るく深く輝きを進化させる
原動力を得るのです。

平衡状態とは、衰退を意味します。
すべてが完璧な状態が「完全」ではありません。
「不完全」を含むものこそが、
実は「完全」です。
不完全があるからこそ、
それは
「完全にそこに存在する」
ことができるのです。

「存在」とは「進化」です。
「進化」のない「存在」はありません。
「進化の芽」のない存在は、
やがて消えゆくものとなります。

魂に存在している「進化の芽」。
それを、ありのままに観つめる眼差し。

その眼差しを持ち続ける人こそが、
完全燃焼の人生を
生ききることができるでしょう。

生ききる人生。
それはとても美しいものです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。