こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年10月22日

8次元の愛 84 〜笑顔と夢中の、その先に

やり抜くこと、やり遂げること。
何がなんでも、そうしたいこと。
何がなんでも、貫くこと。

夢中になること、熱中すること。
どのような制約があっても、
どのような障害があっても、
どうしても向かいたいもの。

揺るがないもの。
これだけは外せないもの。

すべてがなくなったとしても、
必ず最後に残るもの。

自分にとって、
かけがえのないもの。
笑顔の溢れるもの。

魂が、笑うもの。

さて、
それは何でしょうか?

それを、
いつも大切にしていますか?

それを、
どのように大切にしていますか?

・・・・・
この世には、
計り知れないエネルギーが満ちています。
私達は、そのわずか1%も、
いえ、0.1%も
使っていません。

もし0.1%が、0.2%になるだけでも
この世の何かは
大きく変わるでしょう。

私達は、無尽蔵とも言えるエネルギーと共に
生きています。
ただ、
その存在を知りません。

なぜならそのエネルギーとは、
私達の心の内側から外に向かって
放たれるものだからです。

エネルギーを外へ外へと求め続けた
これまでの私達には
残念ながら、決して
思い及ばなかったものです。

そのエネルギーとは、
人が生み出すパワーと言ってもよいでしょう。
正確には、
人が引き出す、源(ソース)のパワーです。

・・・・・
3次元世界にあるほとんどのものは
使えば、枯渇します。
もしくは、意図的に「再生しよう」としない限り
いずれかは、枯渇します。

しかし私達人間から生まれるパワーは
決して枯渇することのない
無尽蔵のものです。
それを思い出し(そう、本当は私達は皆、知っています)、
引き出すためには、
私達自身がそのパワーを
実感する必要があります。

・・・・・
私達と源(ソース)はつながっています。
つながる、というよりも
一致しています。
人の力とは、本来は
源(ソース)の力そのものです。

そして、
私達の心の反映として
3次元の現実は創られていきます。

「人はエネルギーを消費するものである」
という価値観に基づき、
3次元世界に存在する「限りあるもの」を
争奪し合うという今の世の在り方は
人の本質を見誤っています。

人は、
源(ソース)と3次元世界の架け橋です。
人がいるからこそ、
この3次元世界にエネルギーが溢れるのです。

それが本来の人の役目。
それを思い出すときです。

そのためには、
自分自身が、魂から笑顔になれること、
どのような障害があったとしても、
夢中になれること、
とことん、それらに向かうことが
一番の早道です。

とことん、です。
自分自身をパワーの塊とするのです。

まずは、そこから始めませんか?

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。