こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年10月31日

8次元の愛 88 〜人間の希望

この世に存在しているすべてのものは
そこになくてはならないもの、です。

道端の石ころ一つを取っても、
その時その瞬間に
この世界を形創っているものとして、
それは必ずそこになくてはなりません。

そこに在るべきものが、
あるべき状態で存在することにより、
世界は初めて成り立ちます。

私達自身も、そういった存在の一つです。
「今の私」がここにいる、ということの意味。
それは計り知れないほど
大きなものです。

よく、人は言います。
「今の私では、ダメだ。」

いいえ。
「今の私」でなければ
ならないのです。

世界は、その時その瞬間、
常に「完全」であり、
「完成」されています。

常に「完全」であり「完成」された状態で
あり続けること。
それが、世界が成り立つための
本質です。

そのためには、
「今の私」が必要なのです。

今のあなたが必要なのです。

・・・・・
私達は「世界」の歯車でしょうか?

いいえ、それも違います。
私達は「世界」の一部分かもしれませんが、
私達の中には、
「世界」の全体が存在しています。

私達人間とは、
「世界」を構成する存在であり、
「世界」全体を抱く存在です。

「全体の中の個」であり、
「すべての個を抱く全体」なのです。

ですから、私達一人の成長が、
世界に与える影響は
実は、とてつもないものなのです。

3次元レベルでは、
人間一人のできることは
たかが知れているかもしれません。

しかし9次元レベルでは、
人間一人の持つ可能性の大きさは
まさに「希望」そのものです。

私達人間とは、
私達が考える以上に
価値ある存在です。

・・・・・
そろそろ、
「人間」に対する私達の思い込みを
手放した方がよいでしょう。

ある意味では、これまでは
人類全体が
自分自身を卑下してきました。

自己卑下する者の集まりが、
今の私達です。

そこから自分を開放するのです。

そのためにも、自分自身と
もっともっと向き合いましょう。

自分の中心に
目を向けましょう。

自分の中心が感じていることに
素直に生きてみましょう。

「今の私」とは、なくてはならないもの。
その真実と向き合うことで、
「本来の私」は光を放ちます。

その光は必ず、
隣の人に影響を与え、
人から人へと伝わり、
無限に広がっていくでしょう。

それが私達の本来の力。
人間の力です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。