こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年11月01日

8次元の愛 89 〜紡ぐ出会い

流れるままに進む人生と、
道なき所に道を拓く人生。
どちらの人生を望みますか?

これら二つの人生は
一見、相反してしますが、
実は、同じものです。
中途半端でなければ。

完全に、流れに身を委ねられる人は、
自らの道を拓くでしょう。
真一文字に、自らの道を開拓し続ける人は、
自然の流れに委ねている自分を発見するでしょう。

流れはそこにあり、
道もそこにあるからです。

流れに委ねる人。
道を拓く人。
この二人が出会うとき、
流れと道は融合し、
それは世界を貫きます。

貫かれた世界は、
一度は動揺をしますが、
それを新たな中心軸とし、
新たな秩序を生み出します。

より安定し、より自然体の、
そして
より進化の力を内包した
新たな秩序です。

・・・・・
ところで、
夢はありますか?

「こうなったらいいな」
というレベルの夢ではなく、
自分のすべてをその夢に注ぎたい、と
自然に思える夢です。

熱くなる必要はありません。
リキむ必要もありません。

ただ、ニュートラルな心で
本気で向かいたい!と思える夢です。

明確でなくてもよいのです。
私は何となく、そういった夢を持っていそうだな。
そう思えるだけでもよいのです。

自分の夢を大切に抱き続ける人には
必ず出会いが起こります。
それは必然的な出会いであり、
自分にとっては、なくてはならない出会いです。

多くの場合、その出会いとは、
一人が「道を拓き」
一人が「流れに委ねる」
という役割を担います。

お互いの個性が融合し合い、
世界に新たな波を起こします。

世界は今、
その波を望んでいます。
その波を待っています。

波を起こし、
新たな中心軸と
新たな秩序を創るのは、
私達自身です。

それは言い換えれば、
新たな文明を創ることに他なりません。
そのレベルの時代の転換点に
今の私達はいます。

人と人の紡ぎ合いが
時代を変えるのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。