こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年11月03日

8次元の愛 91 〜人の涙

涙を流すことは多いですか?
涙を流すのは、心の健康に非常によいと
言われています。

涙にも、いろいろなものがあります。

意味不明の涙を流した経験はありますか?
自分がなぜ今、泣いているのかわからない。
なのに涙が止めどなく溢れてくる。
そんな経験はありますか?

それは、魂の涙です。
魂が震えることによって
生じる涙です。

多くの場合は、
魂の喜びの表現です。

自分が本当に大切である
と思っていることに触れたとき。
自分が心の底から望んでいるものと
出会ったとき。
自分が、どうしても知りたいと願っていた答えに
巡り合ったとき。
そして、
自分の人生の大切な指針やヒントが
見つかったとき。

そんなときに、
魂の涙は流れます。

それは美しい涙です。
誰もが持っている涙です。

・・・・・
人の望む幸せは、人の数だけありますが、
魂の願いは、
皆、共通しています。

自分らしく生きたい。
自分だからこそできる人生を創りたい。
自分を育みたい。

そしてそれらは具体的にはどういうことか?を
探し続けます。
魂の探求です。

その中で、人との関わりを学び、
人と共に生きることを学び、
「一つ」に戻ること、つまり、
愛を学びます。

自分に素直に生きるとは、
魂に素直に生きること。
魂に素直に生きることで、
私達は「一つ」に向かいます。

その「道」が目の前に開かれたとき、
もしくは、「道」のヒントと出会ったとき、
魂は、涙を流します。

それが、「合図」です。

魂からの合図をきちんと受け取り、
その合図の意味と向き合うことが
私達の望む人生につながります。

・・・・・
涙を流すのはよいことです。
たとえそれが、
どのような涙であったとしても。

涙を流せる素直な自分で
ありたいものです。
いつまでも。

人とは、
源(ソース)と3次元を結ぶ存在。
涙とは、
そんな「人」の持つ
宝物の一つです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。