こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年11月17日

8次元の愛 99 〜決断のために

無数の選択肢が、
私達の目の前にはあります。
いくつかある中のどれかを
私達は選び、生きています。

一つの選択肢を選ぶということは、
他の選択肢を断つ、
ということになります。

他を断って、一つに決める。
それが、決断です。

決断とは、勇気の要ることです。
時には、腹をくくる必要もあります。
決断すべき時にそれができないと、
選択肢の数は、
どんどん減少します。

・・・・・
決断には、二つの段階があります。

一つは、
「今、決断すればよいかどうか?」
の決断です。
もう一つは、
「どの選択肢を選ぶか?」
の決断です。

実は、特に重要なのは
一つ目なのです。

今、決断すべき時なのか?
それとも、そうではないのか?
それを見極めることができれば、
人生はもっともっと楽になるでしょう。

今、決断すべき、ということが
確信をもってわかれば、
その瞬間の自分自身の素直な気持ちを
尊重すればよいだけのことですから。

・・・・・
物事には、
はっきりわかることと、
はっきりわからないこと、
があります。

はっきりわかることは
はっきりさせ、
はっきりわからないことは
わからない、という事実を
受け入れます。

これは、現時点での「状況」についても、
自分自身の「心(気持ち)」についても
言えることです。
現実と向き合う基本は、
ここにあります。

わかるものとわからないものを
明確にし、
与えられたそれらの条件の中で
私達は、一つを決めます。

・・・・・
私達の魂は、
いつ決断すればよいのかを、
誰よりもよく知っています。

そして決断の「時」を大切にする
生き方を続けている人には、
その「時」には、
必ず心をクリアにしてくれます。

心はいつもクリアである必要はありません。
混沌としている心の状態は、
とても大切です。

「混沌」とするからこそ、
その後に、本当の「クリア」が来ます。

「混沌」とは、
最善の決断をするための準備です。
ここでしっかりと
「混沌」とし尽くすことで、
その後の決断の時に
魂は最高の「クリア」を
プレゼントしてくれます。

このコラボレーション。
魂と現実のコラボレーションが
望む人生を確実に創ってくれます。

「混沌」を恐れる必要は
まったくないのです。

・・・・・
同じことが、社会全体にも言えます。

今の世の中は混沌としています。
混沌を恐れ、
混沌から、とにかく逃避しようとするのか?
混沌を大切にし、
今のうちに迷い尽くすのか?

どちらを選択するかによって、
私達人類の進む道は
大きく変わります。

一人ひとりの人生に
決断の時があるように、
人類全体にも
決断の時があります。

一人ひとりの決断が
人生を創るように、
人類全体の決断が
歴史を創ります。

歴史の転換点を迎えようとしているのが、
今です。
今の私達は、皆、答えがわからずに
混沌としてします。

思いっきり、
そして、真剣に、
混沌とし尽くそうではありませんか。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。