こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年11月27日

8次元の愛 104 〜進化への変化

年を重ねる、ということは
どういうことでしょうか?

私達は一日、一日、一年、一年、
年を重ねています。

一日の時間を過ごすことで、
私達の中には、
何らかの変化が起こります。

昨日までの私と、
今日までの私が、
まったく寸分違わずに同じ、
ということはあり得ません。

私達は着実に、
変化を続けています。

年を重ねる、とは
変化を重ねる
と言ってもよいでしょう。

変化を重ねることが
人生である、
とも言えます。

・・・・・
では、「変化」とは何でしょうか?

「変化」とは、変わること。
つまり、これまでとは異なる状態に
移ること。
ほんのわずかでも、
状態にわずかな違いが生じれば、
それは、変化と言えるでしょう。

そう考えますと、
逆に、変化をしないこと(もの)なんて、
この世に存在するのでしょうか?

この宇宙とは、
「変化するものの集合体」
ではないでしょうか?

・・・・・
ところで、
「進化」という言葉があります。

「進化」と「変化」とは、
どのような関係でしょうか?

これまで私は、
変化の中の一形態が、進化である
と思ってきました。
そのようにお考えの方は
多いのではないでしょうか。

しかし、どうやらそれは
逆のようです。

つまり、
「進化」の中の一形態が、
「変化」だと言うことです。

・・・・・
もともと、宇宙とは
進化し続けているものです。

それが自然の姿。

一見、退化しているように見えたとしても、
それは、「その一部分のみ」を
見ているからです。

全体で捉えれば、
すべては、
いついかなるときにも
進化し続けています。

逆に言えば、
あらゆる「存在」とは
「進化」しているが故に、
存在している、
ということになります。

そしてその中に「変化」があります。

・・・・・
「進化」とは、
「一つ」に向かう流れ。

源から分離した「存在」が、
源(=一つ)に戻ろうとする
自然な流れです。

その大きな流れの中で、
様々な「変化」が起きています。

そしてその流れに
完全に身を委ねることができたとき、
私達は、そこで初めて
「変化しないもの」
を実感できます。

実は、
「変化しないもの」は
たくさんあります。

本当に「変化しないもの」を
実感できたとき、
私達は、心の深奥からの
「やすらぎ」や「安定」を
得ることができます。

進化の流れは
今、ここにあります。

一日、一日、
その流れに身を委ねる自分でいること。
その「変化」が、
私達の本当の「進化」につながります。
私達の本当の「安定」につながります。

そうです。
進化こそ、安定なのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。