こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年12月12日

8次元の愛 117 〜やめちゃえーっ!

やめたいこと、って
誰にもあると思います。

「ここは直したい」とか
「やめるべきだ」という
やめたいこともありますが、
ただ単純な希望として
「やめたい」と
思っていることもあります。

ところが、
自分の希望として「やめたい」ことを
やめられない人が多いようです。

それをやめることは、
自分のわがままなのではないかと
思われているようです。

もちろん、
やめることで、明らかに周りに
迷惑をかけてしまうことも
あるかもしれません。

でもあえて、ご提言します。

「やめよう」と思ったことは
やめちゃえーっ!
っと。

・・・・・
とりあえず
やめてみるとどうなるか?
を試してみてもよいと思います。

一時的でもよいので、
自分自身からそれを
手放してみましょう。

それを手放したことで
どれだけ自分が身軽になれるかを
体験してみるのです。

もしその身軽さが
心地良ければ、
いっそのこと本当に
やめてしまいましょう。

・・・・・
どうも私達は、
無駄なことを多く抱えすぎのようです。

ここで言う「無駄」とは、
私達自身の真本音にとっての無駄
ということです。

自分の望む人生にとっての無駄
ということです。

私達は、
もっともっと
シンプルに生きられるはずです。

シンプルになればなるほど、
私達の魂は活性化し、
真本音も活性化します。

これまでいろんなものを
抱え込んでいた自分が
とても滑稽に思えてきます。

・・・・・
そうです。
滑稽です。

無駄なものを必死に抱えて歩くのは
滑稽です。

5分外出するのに、
1週間分の生活用具を持って
「重い、重い」と言いながら
歩く人がいれば、
それは滑稽に見えるでしょう。

それと同じことをしている人は
実は、多いです。

馬鹿にしているわけではありません。
そんな自分を後から振り返れば、
自分自身で「滑稽だったな」と
思ってしまいます。

もっと楽に生きることができたのに。

それをするのは、
自分の意思一つだったのに。

と、後からわかります。

・・・・・
余分なものを降ろし、
身軽になって、
シンプルに自分らしく
自分の本当に望むペースで
歩いていきましょう。

スキップをしたいときはスキップをし、
駆け足をしたいときは、心地よく走り、
ゆっくり歩きたいときはゆっくりと、
止まって休みたいときはのんびりと。

そのように
自由自在に進みませんか?
自分の人生ですから。

これは、
わがままでも何でもありません。

面白いことに、
こういう生き方ができる人ほど、
周りの人が幸せになりますし、
自分の使命も願いも観えてきます。

そして身軽な分だけ、
周りの人達に意識を向け、
共に楽しく歩めます。

それは誰もができる生き方。
それこそが、
真本音の時代の生き方です。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。