こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年01月06日

8次元の愛 130 〜時間と共に生きる

明日、何が起こるか?
それを正確に当てられる人はいません。

未来を予測することはありますが、
すべてが予測通りに
進むこともありません。

もし、それができたとしたら、
その時点で私達は
人間としての価値を失います。

未来がわからないままに生きるところに
私達の存在意義があります。

それはこの3次元という世界の
存在意義でもあります。

・・・・・
時間は、
皆に平等に流れ続けています。

しかし、一人ひとりの人生においては、
時間とは、主観的なものです。

つまりは、
その時その時の心の状態によって
時間は、「長く」も「短く」も
感じられます。

ずっと一定の速さで
時間が流れ続けていると
実感している人はいないでしょう。
昨日の1分と、今日の1分は
違う密度、濃度のはずです。

1分1秒の密度・濃度を決定できるのは
私達自身です。
密度・濃度が濃ければよい
というものでもありません。

私達は自分の最善の一歩一歩を
歩み続けることを第一とし、
その時その瞬間に必要な
密度・濃度の時間を過ごすことが
大切です。

そのためにも
時間を味方にできるとよいですね。

時間に追いまくられるのではなく、
時間と共に歩むことができると
よいですね。

・・・・・
時間が進むのは楽しいですか?
それとも、怖いですか?

時間が進むということは
未来に向かうということです。

未来に向かうことは
楽しいですか?
怖いですか?

この世の多くには
「期限」というものがありますが、
期限付きの人生は
楽しいですか?
怖いですか?

私達の寿命も、
一つの期限かもしれません。
ただ、
それが具体的に、いつなのかは、
誰も知りません。

知らないけれど、
確実に存在する期限の中で
私達は生きています。
そんな人生は
楽しいですか?
怖いですか?

・・・・・
残念ながら私達は
時間を遡ることはできません。
どれだけ後悔しても
やり直すことはできません。

でも、
もしやり直すことができたとしたら、
何をどうしたいか?
を振り返ることにより、
より良い未来を築くことには
つながります。

やり直しが効かないから
過去は振り返らない。
という生き方もありますが、
それも一種の現実逃避です。

過去も未来もすべてを見つめ、
今この瞬間に向かうことが
現実と向き合うことでもあります。

そういった意味で
人生の振り返りと、
自分自身のこれまでの変遷を
じっくり観察し直すことは
大切です。

もし「時間」という存在がなければ、
私達には、過去も未来も今も
なくなります。

時間という存在があるからこそ
私達は、過去・今・未来という区分けができ
その視点から人生を見つめることが
できます。

何が起きても、
何が起きなくても、
時間が流れ続けるからこそ、
私達は、現実を切り拓くことができます。

時間に感謝しようでは
ありませんか。

時間に感謝できる人が、
時間を味方にできるのでは
ないでしょうか。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。