こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年01月26日

8次元の愛 139 〜答えはここにあり

迷ったときは、
考えるのをやめましょう。

迷ったときは、
目をしっかり開けて
観てみるのです。
現実を。

そして、
考えるのではなく、
感じてみるのです。

自分が何を感じ取っているか?
に意識を向けてみるのです。

すると、
私達の心は「もとの場所」に
もどります。

それは、真本音の場所。

そこからニュートラルな眼差しを
取り戻し、
そして結構簡単に、
答えが観えてきます。

その答えとは、
もう、私達自身の中に
存在していたものです。

迷うとは、
答えを新たに創る行為では
ありません。

迷うとは、
すでにできあがっている答えを
自ら見つける行為です。

答えはあります。
必ず、ここに。

・・・・・
どうも、
思考し過ぎですね。
現代人は。

思考することは大切ですが、
思考とは、
「何のための思考か?」
が明確になっていて初めて
本来の効能を現わします。

本来の思考とは、
自分の中にない答えを創造するための
大切なステップです。

答えがあることに対して
もう、
思考する必要はありません。

どの答えがすでに存在して、
どの答えがまだ存在しないのか?

それは、
いつも自分の心に意識を向け、
そして現実をありのままに観る、
という姿勢を大切にしていれば
簡単に見出せることです。

現実も観ず、
自分の心にも意識を向けないからこそ、
私達は、長く
同じところで迷うのです。

ですからもう一度言います。
答えは、あるのです。
必ず、ここに。

・・・・・
今ここにある答えを
そのまま見つけながら、
その通りに生きることの
なんと楽なことか。

自分の答えの通りに
生きるのは怖い。
そう思い込んでいる人が多いのも
今の世の中の特徴ですが、
怖いのは最初だけです。

すべての答えを知っているのは
私達の真本音。
真本音とは、
海のように深く、
空のように清々しく、
大地のように揺るがないもの。
いついかなるときも
安定しているものです。

真本音の思う通りに
進むことで、
私達の人生も
安定します。

その結果として、
本当は何に迷えばよいのか?
本当は何に揺れればよいのか?
が理解できます。

思考が必要なのは、
そこからです。

・・・・・
真本音の答えは、
すべて「確信」として
認識されます。

確信を確信として
大切にすることが、
これからの時代に
必要です。

ここは、
大人も子どもも関係ありません。
人生経験は
いっさい関係ありません。

すべての人が
自らの外側(現実)と向き合い、
自らの内側(真本音)から湧き上がる
確信の答えに
素直に生きることで、
世界は調和されます。

ホント。
穏やかな世界にしましょうよ。
もっと住みやすい世の中に
しましょうよ。

そのために、
自分の答えを着実に見つけながら
生きて行きましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。