こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年02月02日

8次元の愛 143 〜明日(2月3日)のために

やっとたどり着いた目的地で
自分が手に入れたものを眺めると、
なんだこんなものか、と、
失望したことはありませんか?

ずっと追い求め続けてきたものが、
いざ手に入ってみると、
拍子抜けにも似た感じを
得たことはありませんか?

どこかにたどり着く。
何かを手に入れる。

その瞬間を私達は夢見ますが、
その瞬間とは多くの場合、
次の歩みへの通過点に
過ぎません。

ゴールの設定は大切です。

しかし、私達の人生に
ゴールはありません。

夢を持つことも大切です。

しかし、私達の人生は
その夢の実現のために
在るのでもありません。

私達の人生は続くのです。
先へ、先へ、と
続くのです。

人生における
あらゆる地点は、
通過点に過ぎません。

・・・・・
そう捉えたとき、
あなたは人生において
何を成し遂げたいですか?

何を実現し、
どこに向かい続けたいですか?

人生にゴールはない、
という眼差しを持つことで、
上記の問いの答えが、
大きく変わることがあります。

ゴールがないという事実を
よく知っているのは
私達の真本音です。

ですから、その視点は
私達の中にある真本音の答えを
喚起するきっかけとなります。

・・・・・
これまで経験したことのない
新たな分野に取り組もうとする瞬間が
人生には何度かあります。

その瞬間、私達の心はリセットされ
そこから新たな人生が
始まるような気がします。

その「新鮮さ」はとても大切ですが、
やはり、どれだけ新たなことに
人生の方向を転換したとしても、
私達の人生はつながっています。

一本道として、
つながっています。

そのつながりを意識し続けているのも
私達の真本音です。

真本音とは、
人生を、
永遠に続く一本道として
認識しています。

・・・・・
私達は、一本道のど真ん中に
立っています。

私達の真本音は
私達の先にある道が
完全に観えています。

延々と続く道が、
はっきりと観えています。

ですから、わかるのです。
次の一歩をどうすればよいか?
次の一歩で何をするか?

だからそれは、
迷いのない確信として
浮かび上がるのです。

・・・・・
さらに、
私達のその一本道は、
他の人達の一本道と
完全に調和しています。

そしてその一本道と一本道は
ある時ある瞬間に、
統合、融合されていきます。
多くの一本道同士が
次々に融合し、
果てしなく大きな「流れ」を
創ります。

それは、
私達人類の「流れ」です。

その「流れ」を創るために
私達は、これから
自分の人生を
素直に、自然に、
創って行くのです。

それが真本音の時代です。

・・・・・
さて、明日のことです。
2月3日です。

真本音の時代に向かおうとする
私達の真本音の意志の
一つの成果が出ます。

真本音で生きる人が
急増した成果が
出始めます。

明日、
世の中全体の真本音度合いが
一気に高まります。
その寸前に、
今、います。

ある意味の臨界点であることを
感じます。

皆さんの生き方の成果です。
明日をきっかけに
ますます、私達は
自身の人生を大切にしていきましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。