こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年02月03日

8次元の愛 144 〜今日からのために

合図があります。

必ず何らかの合図があるのです。

それをキャッチするかどうか。
キャッチできれば、
真本音で生きることは簡単です。

・・・・・
私達は、自分の心を観る力を
残念ながら、
失いました。

自分の心であるにも関わらず、
自分自身が一番理解できていない。
そんな状態が「当たり前」と
なってしまいました。

本来であれば、
自分の答えはいつも心の中にあるのに、
しかもかなり明確なのに、
その答えを放ったままで、
自分以外の何かからの答えを
無理矢理に自分に当てはめ、
つらい一歩を踏み出してしまいます。

そしてそれが「生きること」であり、
「当たり前のこと」であると勘違いし、
答えがあるにも関わらず、
答え通りに進まない人生を
創り上げてしまいます。

自分の答えと違う歩みによって
創り上げれられた道。
その道は、残念ながら
他者の道と調和することが
極めて難しい道です。

よって、そこに「ぶつかり合い」や
「争い」が起き、
それらが起きることが「世の中である」と
思い込み、
本来とは違う世の中を
皆で創ってしまいます。

それが「反応本音の時代」。
これまで私達人類が
創り続けてきた時代です。

残念なことですが、
正常で自然とは言い難い
これまでの道のりでした。

・・・・・
私達はもともと「一つ」です。
ですから、
「私達全員の真本音」が存在します。

それは、
「地球の真本音」でもあります。

地球の真本音は、
私達に様々な合図を送り続けて来ましたが、
私達はそれらをキャッチすることができず、
地球(=私達全員)の望む道とは
異なる道を創り続けました。

その結果、
地球はかなり弱ってしまいました。

人にストレスが発生するのと同様に、
地球にもストレスが発生します。

そのストレスが臨界点を超えてしまえば、
様々なことが起こるのは当然です。

様々なことが起きてから、
3次元レベルでその一つ一つに
対処していても、
まったくもって遅いです。

私達が、本来の生き方、
本来の道を創ることで、
地球は初めて
本来の元気さを取り戻します。

・・・・・
今日、2月3日は、
そんな地球にとって
大きな転換点となる一日です。

その一日はまだ
終わっていません。

そしてこの一日が終わったとしても、
今日は明日から始まる日々の
スタート地点にしか過ぎません。

真本音を忘れた反応本音によって
創られたあらゆるものは
明日から、次々に破壊されるでしょう。

真本音に基づいて
創られたあらゆるものは
明日から、
逞しく育まれ始めるでしょう。

破壊されるものと
育つもの。
そのコントラストが
際立つのが、
今日から来年にかけての日々です。

それは、
反応本音の時代から真本音の時代への
最も激しい移行期です。

それが今日から、
始まります。

私達の目の前に展開する
あらゆる現実を、
私達は
「あるがままに」
受け止めましょう。

そして自身の「次の行動」のすべてを、
私達は真本音で
決めましょう。

道を拓き、
道を創るのは、
これからです。

今日から始まる日々のために、
これまでずっと
メッセージを発信し続けてきたのです。

本当の生き方を
本来の生き方を
私達は取り戻しましょう。

その絶好のチャンスが
今、始まったのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。