こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年02月04日

8次元の愛 145 〜昨日から始まったのです

初めて、この世界にやってきた
宇宙人だとしましょう。

あなたはこの世界にやってきて
何を感じると思いますか?

この世界の空気感。
この世界の光景。
この世界の人々の振る舞い。

そこから
何を受け取ると思いますか?

・・・・・
その宇宙人はきっと
戸惑うと思います。

この世界は、
めくるめく混沌と同時に、
きらめく美しさの両方を
合わせ持っているからです。

しかもその極端なこと。

同じ世界に、
なぜこれほど真逆なものが
共存できるのだろうか?

とても不思議に思うでしょう。

私達がこれまでの歴史において
創り上げて来た世界の特徴は
ここにあります。

・・・・・
美しくなるために
醜さを排除する。

という考え自体が
美しさを陰らせるでしょう。

かと言って、
醜さを無理に受け入れるという
不自然な心も
美しさを陰らせる原因となります。

地球は美しい星ですが、
あまりに多くのものを
抱え過ぎました。

部屋で言えば、
「もっともっと美しく」と言いながら、
次々にいろいろなものを買いあさり、
部屋から物が溢れ出るように
なった有り様に似ています。

何をどのように付け足しても、
部屋の中の混沌は
解消されません。

部屋を本当に居心地のよい
美しいものに戻すには、
一度、すべてを白紙にし、
本当に欲しい物のみ、
本当に必要な物のみを
そこに残しておくことが必要です。

この地球では、
それが昨日から始まりました。

・・・・・
すべてを白紙にする、という表現は
恐ろしいかもしれません。

しかし恐れることはありません。

必要でないものを
私達の意志(真本音)で、
一つ一つ片付けていくだけです。

大切なのは、
私達の本当の意志(真本音)を
私達自身がキャッチできるかどうか?
です。

それをキャッチしやすい土壌が
完成しました。

それが昨日です。

つまりは、
部屋の掃除をしやすい状況が
整ったということです。

・・・・・
私達人間にとって
反応本音のみで生きることは
苦しいことです。

私達人間にとって
真本音を大切に生きることは
自然で楽しいことです。

自然で楽しいことには向かいやすく、
苦しい方向には行きづらい、
という極めて当たり前の状況が
地球の「空気感」として
地球の「潮流」として
できあがりました。

それが昨日のことです。

ですから、
真本音で生きることが
今後ますます簡単になります。

自分が本当に大切にしたいものを
大切に抱きながら進む人生を
望めば望むほど、
物事が自然に展開するという
土壌ができたのです。

逆に言えば、
自己犠牲や他者犠牲の上で生きることが
非常に困難になります。
それらの癖を持つ人にとっては、
自己変革のチャンスとなります。

・・・・・
真本音の時代に
正式に入るのは、
来年の半ばあたりです。

しかしもはや私達は
「真本音の時代に入った」と
認識して進むとよいでしょう。

スタートラインの手前から
走り始めれば、
スタートと同時に、
一気に気持ち良く
駆け出すことができます。

そのためにできることは
たくさんあります。

それを一つ一つ
発信させていただくつもりです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。