こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年02月25日

8次元の愛 160 〜無限の向こうの無限へ

私達には無限の可能性があることを
どれだけの人が
本当に
信じているでしょうか?

無限の可能性があるかもしれない、と
思っている人は多いかもしれませんが、
本当にそうであると、
スッキリ断言し切れる人は
まだまだ少ない気がします。

私達人間には
無限の可能性があります。

その事実を
もっと知るとよいな、と思います。

無限というのは
本当に「無限」です。

それは、
大袈裟な言い回しでも
喩え話でもありません。

・・・・・
例えば、次元の話です。

約一年前、私はブログで、
次のように表現していました。

「人間として到達できる最高次元は
9次元です。」

しかし私達人類は、
その壁をいとも簡単に超えてしまいました。

ですから今は
次のように言い直したいと思います。

「人間の意識の次元は
無限に高めることができます。」
と。

人間とは、
枠を超える存在です。

壁を越える存在です。

私達が枠や壁を超える度に、
私達の大本である源は
進化をします。

私達は、
そういった私達自身の存在の価値に
もっと誇りを持つとよいと
つくづく思います。

・・・・・
意識の次元の高まった人が
世の中において大きなことを成し遂げる、
というわけではありません。

3次元レベルでの「大小」とは
実は、それほど重要なことではありません。

それよりも、
意識の次元が高まれば高まるほど、
人は、
今目の前にあるもの(こと)を
大切にします。

大切にしなければならない、
ということではなく、
大切にしたくなるのです。自然に。

それをある人は、
「感謝の気持ちが湧いた」
と表現するでしょうし、
またある人は、
「愛する気持ちでいっぱいになった」
と表現するでしょう。

いずれにしても、
今ここに在るものすべてへの眼差しが
変わります。

それは、
心が自由になるからです。

私達は心が自由になればなるほど、
現実世界を
愛おしく思えるのです。

・・・・・
真本音の時代に本格的に入れば、
人類全体の意識の次元は
年々、大幅なアップを続けるでしょう。

8次元の愛、というのも
今でこそ、説明が必要ですが、
真本音の時代では、
それが「当たり前のこと」と
なるでしょう。

私達は、もともと「一つ」であり、
その「一つ」という土台の上で
「別個」の存在として、
自分を表現している。
だからこそ、
そこに「調和」が生まれ、
調和が「進化」を生み出す。

ということを
当たり前のように認識する人達が
世の中の根幹を創っていくでしょう。

そこに至って多くの人達は、
あぁ、人間とは
本当に無限の可能性があるのだ、
と実感できるでしょう。

・・・・・
無限の可能性を引き出すものは
無限の願いです。

真本音の願いとは
無限です。

ある一定の成果を上げることで
「実現できた」
「達成できた」
となり、そこで完了をする、
という願いではありません。

もちろん、そういった願いも
大切ですが、
真本音の願いとは、
どのような状況となっても
永遠に持ち続けるであろう願いです。

それを明確化し、
日々、持ち続けることで、
私達は、無限の可能性を開花させます。

一人ひとりの「無限」が集まれば、
全体の「無限」は、
さらに「無限を超える無限」と
なるでしょう。

これまで「無限」であると思っていたことが
実は「有限」であり、
その先に、さらなる「無限」があることに
私達は気づくでしょう。

それは本当に
無限の旅路であり、
たった一人の人生からそれは始まりますが、
たった一人の人生では終わらない
私達が脈々と受け継いで行く
果てしなき道です。

私達は「一つ」なのです。
ですから、
私達は「無限」なのです。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。