こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年03月02日

8次元の愛 164 〜不安定こそ安定の始まり

見違えるほど自分が変わった
というご経験はありますか?

私は、あの日を境として
別人のように変わった、
という経験です。

インパクトのあるできごとに遭遇したり、
ある人と出会ったり、
もしくはある一定期間の継続体験によって
自分が根本的に変わる、ということが
起こり得ます。

それがきっかけで
人生が根本的に変わる、ということが
起こり得ます。

それは劇的な展開ですが、
すべて必然的に起きています。

急角度の変化が
必要なときがあるのです。

急角度の変化は
私達の「心の立ち位置」を変えます。
立ち位置が変わることで
私達は一時的に不安定状態に入りますが、
その後に
それまで以上の「安定」を
手に入れます。

ところが、
その「安定」が手に入る前に、
必死に安定の場所を探すことで
中途半端な立ち位置に留まってしまうことが
あるのです。

本来、落ち着くべき立ち位置とは
少し違う立ち位置に降り立ち、
「ここでよいのだ」と
思い込んでしまうことがあります。

すると、次のさらなる成長への一歩が
淀みます。
結果として、本来の自分への道のりが
遠くなることがあります。

それはそれで一つの経験ですし、
遠回りをしても結局は
私達は本来の自分に戻っていきますが、
しかしわざわざそれを
する必要もありません。

「不安定状態」にあるときは
無理に安定させようとせずに、
そのままでいることです。

力を抜くのです。

水の中で拡散された砂が
しばらく水の中を浮かびながらも、
最後にはきちんと水底まで戻るように
自然の流れに任せるのです。

それが結果的には
最速の成長になります。

・・・・・
なぜそれをご説明するかと言いますと、
上記のような自分自身の「劇的な変化」が
これから頻繁に起こる可能性が
あるからです。

人によってはそれが
毎日のように続く可能性があります。

これが続くということは、
心が不安定なままに前に進む状態が
長くなります。
その不安定状態を
恐れないでいただきたいのです。

力を抜き、
そのままでいていただきたいのです。

心がどれだけ不安定でも
私達の真本音は
決して揺るぎません。

むしろ、
心が不安定状態で、
「どうすればよいかわからない」
という状態ほど、
真本音の活性度合いが高まったり、
真本音の自分が浮上しやすくなります。

そして、
不安定状態にも関わらず
安定した揺るがない自分を実感する、
という体験にもなります。

どのようなときであっても
私達の真本音は
最善の一歩一歩を
私達に見出してくれるという
貴重な体験ができます。

不安定も必然。
そのままに、です。

・・・・・
この心の在り方は、
世の中全体の在り方とも
一致します。

今は世の中全体が「劇的な変化」に
入ってます。
その「劇的さ」は
これからさらに増していきます。

すると、世の中の不安定さは
これまで私達が体験したことのないレベルまで
行き着くでしょう。
その時に、
その不安定を無理に安定させようとしても
残念ながら、その後の真の安定は
手に入りません。

不安定な中でこそ、
本当に揺るがないもの、
本当に大切にすべきものを見出し、
そこからの視点を持つことで、
世の中全体の真本音が活性化します。

不安定であることを治そうとせず、
不安定な中でこそ明確になる「安定」を
大切にするのです。

本当の「安定」とは
不安定の中でしか、姿を現してくれません。
その体験のできる
貴重なチャンスに私達はいます。

心の動きと
世の中の動きは
本質は全く同じです。

それはそうです。
世の中を創っているのは
人です。
人の心ですから。

私達一人ひとりが
自分の心の見方と動かし方を
自然に即したものとすることで、
世の中全体の進化も
自然に即したものとなります。

不安定を
楽しんでまいりましょう。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。