こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年03月12日

8次元の愛 169 〜潜在と顕在を結ぶ

自分の口から
思いがけない一言が出ることが
あります。

特に、
頭で考えること、思考や理論を
超えた瞬間に
そうなることが多いです。

その一言に、
自分自身で驚き、
時には感嘆し、
涙を流すことさえあるかもしれません。

もしその一言で、
自分自身が開放感を得、
何かから自由になったり、
何かが消えてなくなるような
感覚があれば、それこそが
真本音の一言です。

魂の声です。

これまでの時代は、
それがたま〜に何かの拍子に出る、
という頻度だったと思います。
しかしこれからは違います。
それが日常茶飯事となり、
むしろ、その一言で
今日の自分の選択や行動を決める、
その一言があることが普通である、
という状態になっていきます。

それが真本音の時代の
特長です。

そうなったときに
私達は知るでしょう。
自分の思考や理論が、
いかに自分を閉じ込めていたか、
という事実を、です。

思考や理論とは
本来は、
自分の望む人生を実現するための
サポートです。
しかしそれらが「サポート」の範疇を超え、
それらが「主」となることで、
私達は、自ら望んでいない枠に
入ってしまいます。
そして、
真本音の一言が
聴こえなくなってしまうのです。

真本音の時代とは、
心が開放されている時代です。
心が開放されることで、
魂の声が表面化しやすくなるのです。

・・・・・
人生に、枠は必要です。
窮屈さも
時には必要です。

しかしその枠を
自らにはめるかどうかは、
すべては真本音が決めることです。

反応本音レベルでのそれは、
単なる自己満足で終わります。

自己満足による枠を超えても、
それは、
自己満足の成長しか
生み出しません。

自己満足の成長を
「4次元の成長」と言います。

それに対して、
これからの時代に必要とされる
真本音に基づく成長を
「8次元の成長」と
表現しましょう。

残念なことですが、
これまでは、
「4次元」と「8次元」の成長の
区別がついていない時代でした。

前向きに勉強する人であればあるほど、
実は、4次元の成長を続けていた、
というケースが極めて多かったのです。

それを続けることで苦しむのは
その人自身です。
それを続けても、
本来望んでいる人生からは
遠のくばかりだからです。
それどころか、
現実逃避に入り、
魂が疲弊してしまいます。

ようやく今、
その区別がつきやすい時代に
なってきたのです。

区別は簡単です。

自分が成長するその行く先に、
光が、
灯が、
今ここで観えるかどうか?
です。

具体的でなくてもよいのです。
ただ、
明確に光が観えるかどうか?
です。

明確ではない。
もしくは、
まったく先が観えない、
ということでしたら、
残念ながらその人は
4次元の成長にいると
判断した方がよいでしょう。

そういった場合は、
一度すべての勉強を、
自分の行なっている努力を
いったんやめて、
心静かに、
自分自身と向き合う時間を
とりましょう。

何もせずに、
自分の心を観る時間を
創りましょう。

そして、
本当は、自分は
自分のために何をしてあげたいか?
を見つけましょう。

・・・・・
本当に自己成長できているかどうか?
は、
自分自身が一番よくわかっています。

その答えを
今一度、しっかりと見つめてみる。
それが今こそ、必要です。

時代の動きは
急峻です。

1ヶ月前の空気と
今の空気は
もはや別物です。

それほど、
真本音の時代に
グングンと向かっているのが
今の私達です。

しかしそれは今のところ、
潜在意識レベルでの話です。
私達の顕在意識が
その事実に
ついて来ていません。
だからこそ、
潜在意識と顕在意識のギャップに
苦しみ始めている人が
増えています。

自分が今、本当は何をしているのか?
今、本当は何が起きているのか?
その事実を
あるがままに認識できることが
求められています。

顕在意識と潜在意識を
結ぶのです。

それをするためのサポートが
このブログの役割の一つであると、
最近わかりました。

ちょっとその要素を
強めていきたいと思います。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。