こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年03月15日

8次元の愛 171 〜静かに、ざわめきを見つめる

夕暮れ時。
空を見上げると、
美しいグラデーションが
広がっていました。

自然の醸し出す色は
本当に美しく、
調和がとれています。

刻々と移り変わる空の様相に
見とれている私の横では、
大勢の人達が、
足早に行き交っています。

私のいる地上は
少々騒がしく、
しかし空はいたって
静かです。

その対比の面白さを
味わっていますと、
あぁ、人間の心も同じだな、
と思いました。

私達の心の中にも
いつもざわめいている部分と、
いつも静かな部分があります。
それを
・反応本音
・真本音
と表現しています。

心を静かにしよう、と思っても、
それはなかなか難しいです。
しかし、
心の中の、もともと静かな部分に
意識を向ければ、
私達はニュートラルな自分、
もとの自分を思い出せます。

私達の心の根底は
いつも静かです。
魂そのものは
いつも静かです。

そしていつも同じことを
願っています。
自分自身の本当の成長を
静かに、
そして熱く、
願っています。

・・・・・
これまでも度々書かせていただきましたが、
心の静けさと
心のパワーは
比例します。

心が静かであればあるほど、
私達はパワーを出すことができます。

どれだけ激しい動きを
とっていたとしても、
本当のパワーを出せているときの
私達の心は、
とてつもなく静かです。

静けさとは、
エネルギーの低さではなく、
心の調和です。

調和しているからこそ、
私達は存分に
自らのパワーを発揮できます。

真本音とは、
何の努力なしに
「すでに調和できている心」です。

ですからあとは、
反応本音をどうするか?です。

反応本音は、
「調和させよう」と思うと、
決して調和できないようにできています。
それよりも、
「いつも自由でいてもらおう」と思えば、
自然に調和の方向にいきます。

私達のざわめく心(反応本音)は、
自由でいたいのです。
好きなだけ、ざわめきたいのです。
彼らのその欲求を
心の中では
叶えてあげてください。

彼らをただ、
見守ってあげてください。
それはまるで
自分の子どもを見守る
親のような眼差しです。

そういう視点で
自分の反応本音と向き合えば、
その瞬間から私達は、
真本音の場所に
立てるのです。

ざわめくのを
好きにさせることで、
私達は、
静かになって
いくのです。

・・・・・
真本音の時代に入ったからと言って、
世の中のざわめきが
消えるわけではありません。

しかし、
それらのざわめきを見つめる
私達の視線が変わります。
その結果として、
良いざわめき、
必要なざわめきのみが
起こりやすい世の中となります。

一人の心の中で起きていることが、
そのまま社会に反映されます。
今の世の中が荒れているのは、
私達の心が荒れているからです。

しかしそれは必要な「荒れ」です。
今のうちに、きちんと
荒れておきましょう。

静かでパワーに満ちた世の中に
調和のとれた世の中に
早くなれるといいな、と
強く思います。

つづく



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。